ブログトップ | ログイン

次郎物語

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マリアンヌ(4K ULTRA HD)

wowowで観たら、予想外に内容が良かったので、amazonのサイバーセールで安売りしていたULTRA HD版を購入(といっても4000円台)。

f0098083_1784193.jpg


スパイサスペンスに見せかけて、極上のラブロマンス。マリオン・コティヤールは「TAXi」の時からお気に入りの女優さんで、内容的にとても素晴らしい映画でした(最近涙もろくてしょうがない)。6Kカメラで撮られたという画質についても、ナチュラルな高解像度でとても満足できるものでした。と、ここでVW1100ESが映し出すシネスコ映像がいわゆる「額縁」ではなくスクリーンの左右一杯に広がっていることに気が付いて、「???」 

4Kコンテンツは強制的に16:9の画角になってしまうのではなかったのか?

知らない間に小人さん達が出てきて、レンズズームで合わせてくれたのかしら?

と、しばし狐につままれた気分でいましたが、実はネイティブ4Kでもアスペクトの選択でスクリーン一杯に展開できたのです(知らなかった!)。新製品のVPL-VW745にも「4K解像度といっても3,840×2,160ピクセルではなく、DCI規格準拠の4Kである4,096×2,160ピクセルを採用しており、アスペクト比は17:9。この17:9の4K映像パネルサイズを最大限活用した拡大表示モードも搭載されていて、さらにレンズメモリー機能もあるので、17:9スクリーンがあれば16:9アスペクトの普通のワイド映像も、2.35:1アスペクトのシネスコサイズ映像も、ともに、VPL-VW745の映像パネルとスクリーンの表示面積を最大限に活用して表示出来る」という記事があるようです。いわゆるドットバイドットかからの画素変換ですが、何度見比べても特にネガはないようで、良かった、これでVW1100でULTRA HDを見るハンデが一つ減りました。4K時代においても、17:9アスペクトのスクリーンを選んだ甲斐があったようです。

サイバーセールでシン・ゴジラの4Kも買ってしまいましたが、こちらはBDと何度見比べても4Kの優位性は感じられず(元々2Kアップコンの4Kソフトです)、むしろ4Kの方が種々のノイズが乗り易いように感じます。HDR環境だと優位性が分かるのかもしれません。

ゴジラが東京の街を焼き尽くしたシーンまで視聴して、年内のオーディオ・ビジュアルは終了。見ると、VW1100ESのランプタイムは612時間。年あたり150時間の計算です。この1年は、結果的に画質音質よりもコンテンツ重視に傾いた一年でした。何はともあれ、皆さん良いお年を・・・
by jiro307 | 2017-12-31 17:19 | 映像系 | Comments(0)

Amazon Echo

相当迷いましたが、プライム会員には恒例の割引もあり、AIスピーカーへの好奇心も手伝って購入。
最初に購入希望を出して、3週間ほどして「招待状」が来て購入、という良く分からないシステムです。

あと、Amazon Music Unlimited個人プランの30日間無料体験を申し込むと、2か月分のクーポンも付いてくるようで、都合3か月間、無料でMusic Unlimitedが使えます。

f0098083_1112974.jpg

本体には天面のボタン4つがあるのみ、ディスプレイはなくてセッティングにはスマホ(かタブレット)が必要でした。

「アレクサ、…」と呼びかけると天面のLED照明が反応して光り、動作が始まります。

360°全方向スピーカーということですが、底面にウーハーユニットが付いていて、実際の音は“見た目を超えたスケール感”こそあるものの、低域主体の曇ったような音質であまり褒められたものではありません。何の上に置くかで調整の余地はありますが・・・

また、流す音楽の指定が微妙にやりにくく、元々amazonにあるプレイリストを再生する形へ誘導してBGMとするのが一番いいのかな? ピンポイントで曲を指定してかけてもらうと、それ一曲で終了するのでBGMには不向きです。

googleの音声検索に比較すると認識率が二段階ほど落ちる感じで、痒いところにイマイチ手が届かない、というのが正直な印象。スマートホーム(照明とか家電製品のコントロール)なんかする気はありませんし。あと、バッテリー駆動ではありません。ACアダプターで常にコンセントに接続する必要があります。amazonの商品としては珍しく、未だに商品レビューが存在しないのも、厳しい評価を予想した上での一種の戦略でしょうか?

失敗したなあ、と思っていたら、娘たちが喜んで「アレクサ!」「アレクサ!」と呼んで、遊んでます。「アレクサ、今日は悲しいの」と(フェイクで)言ったら、「ソンナヒモアリマスヨ」みたいな感じで慰めてくれたようで、すっかり娘たちのおもちゃになりました。ま、いいか。
by jiro307 | 2017-12-29 11:23 | オーディオ | Comments(0)

ぶらり高松、年越しうどん

本日お昼休みに高松中心地をお散歩。

県庁の旧庁舎は何やら工事中。
f0098083_18262234.jpg

耐震改修工事だそうです。
f0098083_18264777.jpg

県庁前の角は、向い合せにあったコンビニが結局2件とも無くなってしまいました。寂しい。
f0098083_18294473.jpg


高松での外勤は今日が今年で最後。昼食に、年内最後の讃岐うどんを食べにさか枝へ。
ここは麺そのものは平凡ですが、だしと薬味とが織り成す三位一体のバランスが絶妙なのです。
f0098083_18302391.jpg

行列は相変わらずですが、回転が速いので待ち時間は10分未満です。
f0098083_18312247.jpg

いつもの「小天」(かけうどん小と天ぷら、今日はゲソ天を選択)。
f0098083_18321987.jpg
うどんが180円、天ぷらが100円(知らない間に値上げしたな!)で合計280円。

ちょっと早い年越しうどんとなりました。
by jiro307 | 2017-12-27 20:21 | マイライフ | Comments(0)

劇団四季「オペラ座の怪人」@KAAT 7月8日マチネ

初レミゼの翌日は、初オペラ座のため横浜へ。

天気も良く、山下公園を散歩。
f0098083_7474145.jpg

f0098083_748149.jpg

f0098083_74818100.jpg


そしてKAAT、神奈川芸術劇場へ。
f0098083_7485399.jpg

f0098083_7491984.jpg

f0098083_749393.jpg


施設も真新しく、素晴らしい劇場でした。
f0098083_7505785.jpg

f0098083_7511738.jpg


しかし今回は、席が1階の端の端。遠い・・・
f0098083_7515768.jpg


歌唱と舞台装置・演出が圧倒的でした。題目が題目だけに、オペラ的な歌が多いのですね。
生オケの演奏もとても良かった。


レミゼに足を踏み込んだところで、この大作は、自分にはもう完全にキャパ・オーバーです。

f0098083_8101830.jpg
ネットの声を聴くと、この日は当たりキャストだったようです。

実は今まで映画版はちゃんと最後まで見た記憶が無かったけど、これを機に後日改めて通して鑑賞。全然作品の見方が変わりました。今まで比較的無頓着だった衣装へ関心もぐっと高まり、美術的にも楽しめました。

最後に中華街へ。山東で水餃子。
f0098083_8125664.jpg


それにしても、現在まだ用途が決まってないらしい岡山のイトーヨーカドー跡地に、KAATのような芸術劇場が出来てくれたらとても嬉しいのですが…
by jiro307 | 2017-12-24 08:27 | ライブ | Comments(0)

radiko.jpプレミアムで 坂本美雨のディアフレンズ

Michelさん来訪の件をブログに上げたのが11月14日。
丁度その日、坂本龍一と矢野顕子の娘である坂本美雨さんがパーソナリティーを務めているラジオ番組 “ディア・フレンズ” でゲストが「翼をください」を作曲した人でしたよ、とRYO師匠から情報提供がありました。radikoという無料アプリで、スマホもしくはパソコンでタイムフリーという機能で1週間まで過去の放送が聴けるとのこと。

ディアフレンズはTOKYO FMをキー局とする全国のJFN加盟のFM放送局38局で月 - 木曜日の11:00 - 11:30 に放送されているのですが、残念ながら岡山・香川ではエリアの問題で放送を聴くことができません。

そこで、有料のプレミアム会員(月額350円)になればエリアフリーになって聴くことができるそうで、試しに加入してみました。

結果、14日のゲストは村井邦彦氏。現在ロサンゼルス在住で、作曲活動50周年記念で来日中。今月13日は“「翼をください」を作った男たち~山上路夫・村井邦彦作品集~”というCDの発売があり、15日にはBunkamuraオーチャードホールで記念コンサートも開催されるそうです。日本音楽界の超大物なんですね。レミゼ、サラオレイン、岩谷時子など現在の自分にズバズバ刺さるキーワードもたくさん出て来て、大変なお宝コンテンツでした。

そして翌15日は瀬尾一三とまたもや超大物。こちらも11月22日にアルバム「時代を創った名曲たち ~瀬尾一三作品集 SUPER digest~」が出たばかり。

その後も、84歳にして現役の渡辺貞夫や、ミュージカル界からも城田優、濱田めぐみと見逃せない(聴き逃せない)ゲストが短期間に続いています。

ラジオも、いいものですね。いろいろ勉強になります。

今回の図書館オーディオは、一青窈の「歌窈曲」
f0098083_1928071.jpg

・・・赤い鳥の「竹田の子守唄」繋がりでの選択ですが(残念ながら赤い鳥のアルバムはありませんでした)、音質も良く思わぬ当たり盤でした。
by jiro307 | 2017-12-03 19:33 | オーディオ | Comments(5)

10歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31