人気ブログランキング |
ブログトップ

次郎物語

2016年 11月 17日 ( 1 )

久しぶりのRYOサウンド

身の回りの変化でなかなかオーディオ遠征が出来なくなり、随分足が遠のいていました。
そんな中、先週末久しぶりにRYO師匠のところへお邪魔してきました。

以前は無かった土曜日朝の枠の仕事を終え、姫ズのイベントへの参加を済ませ、お昼過ぎに岡山を出発。15時にRYO邸へ到着いたしました。

挨拶もそこそこに、お部屋に上がると・・・
以前は脇に配置されていたプラズマモニターが、どどーんと正面に。
そして、両脇には新たに導入したブックシェルフSP、MORDANT-SHORT MEZZO 2 が。

f0098083_23593124.jpg



最初はニコニコ動画が流れます。「歌い手」と呼ばれるアマチュアとプロの比較動画。
f0098083_23421314.jpg


その後、May-Jが歌チャンピオンの座をサラオレインに明け渡す、という番組の動画。
f0098083_2345267.jpg


うーん、まさか今回はニコ動で終わってしまうのかしら?と思い始めたころ、おもむろに音楽タイムとなりました。
最初は高域フェチソフト、2曲。

おおぉー・・・出てる出てる、高域情報たっぷり!これはまさに高域フェチ倶楽部の高域です。中低域の量感もなかなかのもの。どこか柔らかさを感じる低域です。

このSP、入手当初は曇ったような、なんともパッとしない音だったのだそうですが、それがばっちり美音倶楽部の音、紛れもないRYO師匠の音で鳴っています。もちろん、定位や空間表現も言うことなし。うーん、流石です。

それにしてもこのアクロバティックな設置。師匠になんでこんな置き方をしているのか問うと、わざわざスタンドを買うのもなんだったので、という回答。視聴席に焦点を合わせるべく後ろを持ち上げて角度をつけていますが・・・
f0098083_015944.jpg

f0098083_021819.jpg

石英インシュが1個で、前傾姿勢の前足立ちで支えています。地震で揺れると落下するのでは?と聞くと、すでに誤って手が当たって1回落っこちたのだそうです。

続く。
by jiro307 | 2016-11-17 07:00 | オーディオoff会 | Comments(5)