人気ブログランキング |
ブログトップ

次郎物語

2006年 05月 28日 ( 1 )

NDフィルター

RYOさんからプロジェクター画質向上アイテムとしてND2フィルターをプレゼントされていました。
f0098083_19333868.jpg

液晶プロジェクターに黒浮き(真っ黒のはずのシーンが灰色となる)は付き物ですが、このフィルターをかませると黒が沈むという触れ込みです。11HTは先代の10HTより黒浮きは改善されているモデルですが、実際暗めのシーンではきついなあというのが正直な感想でした。最近の映画では「オペラ座の怪人」。きつい場面のオンパレード。ここでフィルターをレンズ前にかざしてみると、確かに“黒く”なる!早くやれば良かった。RYOさんに感謝です。

さて、どうやってレンズ前にこのフィルターを固定するか・・・
とりあえず、ダンボールをまるく切り抜き、その中にフィルターをはめ込んで見ました。
f0098083_1945181.jpg

おお、うまくはまった。
これをプロジェクターにセロハンテープで固定する。
f0098083_1947710.jpg

格好悪いのは目をつむろう・・・さて、改めて投射してみます。
おお、確かに黒レベルが一段下がり、浮いた感じが緩和される。やっぱり良いぞ!・・・おや?全白にしてみると、下辺の左右に影がかかる・・・
f0098083_19502872.jpg

どうやら投射の軸はレンズの真ん中ではなく、下側にシフトされているようです。
気を取り直して位置を調整・・・フィルターのサイズがちょっと小さく完全に影がかからないようにはなりませんが、少し下側にずらすことで気にならないようにうまく収まりました。

f0098083_19533671.jpg

この状態で、「オペラ座の怪人」を鑑賞しましたが、いつものシネマブラックオンでは白のピークがどうしても下がってしまいます。ここでRYOさんのアドバイス通りシネマブラックをオフにするとある程度改善されました。結論・・・映画を見るにはフィルター+シネマブラックオフが一番良い。

f0098083_19572656.jpg

次いで、ようやく「キングコング」を鑑賞しました。怪獣映画というよりも切ない人間ドラマ、いやビーストドラマとなっていますが、なかなか濃密で3時間の長編であることを感じさせない出来です。下手に現代版にせず、オリジナルの時代設定でリメイクしたこともうまく効いていますね。
by jiro307 | 2006-05-28 20:15 | 映像系 | Comments(2)