人気ブログランキング |
ブログトップ

次郎物語

いまどきの歯医者さん

子供時代の虫歯のなごりで、あちこちに治療の戦禍があるわけですが、
最近2、3年ごとに詰めものがとれて補修しています。

今回も3日ほど前からいつの間にか取れていたようで、
かっぽり穴ぼこができていることを舌先が発見しました。

近所に「ア歯科」という一見ふざけた名前の、高松イチ評判のよい歯医者があり行ってきました。過去にも一回同じ状況で受診したことがありましたが、その時の歯科医師のささいな一言に腹が立ち、以後ずっと縁遠かったのです。

今回縁あって再び受診となりました。改めて驚いたのは、以前は気づくことがなかったそのサービスの質の高さです。

処置に入る前に、医師は「少し削って詰めなおすのに20分ほどかかりますが、都合は大丈夫ですか?」と聞いてきます。
次回予約に際しては、受付の人が「○日の15時50分からですね。先生の診察が15分、歯科衛生士の処置が35分、いや45分ほどかかりますから17時前までかかりますがよろしいですか?」と聞いてきます。
いやいや、ここまで現代人のタイムスケジュールを意識した対応は、ちょっとしたカルチャーショックでした。
綺麗な待合や診察場といい、ゆったり流れる時間といい、なんか美容室なんかとあい通じるものがあります。

我々も見習うべきところ、ありです。

今日は歯石などとってもらい、歯がつるつるです。歯磨きの指導もしてもらいました。

f0098083_2337656.jpg


今日はツタヤで借りてきた徳永英明のシングルコレクションなど聴いています。
懐かしい一方で、今でも十分通じるいい唄ぞろいですね。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2007-01-20 23:38 | マイライフ | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31