ブログトップ | ログイン

次郎物語

多田誠司 &スガダイロー 残照duo2018@2月13日Speak Low

先日、Speak Lowのライブに行ってきました。
f0098083_20331199.jpg

スガダイローのことは何にも知らず、高松出身の多田誠司さんについても、演奏を聴くのは初めてです。
スガダイローは、フリージャズの山下洋輔
に後継者と指名され、留学先のバークリー音楽大学ではあの上原ひろみと同期生なんですね、びっくりしました。

Yさんとともに、最前列に陣取りました。多田さんのアルトサクソフォンと2m未満の至近距離。さすがにこの距離で聴くサックスは、迫力満点。耳穴が掃除されるかのごとく刺激がビンビン来ますが、これがとても心地よいのです。

実はフリージャズ、個人的にはちょっと苦手だなあと思っていたのですが、実際に聴いて認識を覆されました。リズムが壊れそうで壊れない、ぐちゃぐちゃになりそうでならない。とても不思議な、そしてエネルギーにあふれたライブで、すっかり魅了されてしまいました。特に印象的だったのは、休憩後の最初の曲、セロニアスモンクの 「Green Chimneys」(ピアノの何と激しいことよ!)と、アンコールで披露された「ゆきゆきて円環」でした。19時半開始、22時前に終了。

CDアルバムを買って、お二人にサインを頂きました。
f0098083_20325011.jpg


f0098083_20330209.jpg

また5月にもライブに来られるそうです。


名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2018-02-16 20:46 | ライブ | Comments(0)

10歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31