人気ブログランキング |
ブログトップ

次郎物語

カラーブレイキング・ノイズ

Z3000導入後、結構たくさん映画を観ました。
感心するばかりでありましたが、カラーホイールを回転させる単板DLPには宿命ともいえるカラーブレイキングノイズ(色割れ、レインボーノイズ)が感知されないことは嬉しい誤算でした。

・・・が。
f0098083_20534623.jpg

『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 』

wowowで撮っておいたSFアクション。ジュードロウは『ガタカ』での好演が光る好きな俳優の1人です。『ガタカ』以降はもう一つぱっとしませんが・・・

さてこの映画、始まって早々から壮大な黒浮き!前面灰色です。これは大変とZ3000の画質設定で明るさを下げていくと・・・面白いように黒が沈んでいきます。よっしゃー、DLPの面目躍如じゃと喜んでいると・・・見えた見えた、盛大なレインボー。虹だらけじゃー。

この作品、内容があまりにないようで、30分ほどで上映中止としましたが、暗闇主体で一部が明るいといったシーンではどうやらレインボーノイズは見えやすくなってしまうようです。

困ったことに、以後それ以外の作品でも虹が見えるようになりました。認知してしまったのね・・・
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2006-07-23 21:05 | 映像系 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31