ブログトップ | ログイン

次郎物語

レミゼと私

朝晩と大分冷え込むようになりました。冬はもうすぐそこでうすね。
紅葉も色づいてきました。

昨日の高松中央公園。
f0098083_22182994.jpg


そして、今日はボジョレーヌーボーの解禁日。ネットでお取り寄せした評判の良さそうな3本。
f0098083_22191443.jpg
ラベルが賑やかな、一番左のものを飲みました。ボジョレーらしくない重厚な味わいで、なかなか美味しい。

知人から頂いたペットボトルのものも、比較用に丁度良かろう、と一緒に飲みました(失礼!)。
f0098083_22193031.jpg
ところがところが。
これが、いかにもボジョレー。軽やかで飲みやすく、十分な旨味もあって予想以上に美味しい、という展開。
いやはや、ペットボトル侮れず、でした。



さて、冬が来る前に、この夏のレミゼの観劇をまとめなければ。

そもそも、レミゼなんて子供の時にそんな児童文学もあったなあというレベルの記憶しかありませんでしたが、
丁度5年前。松山でRYOさん、Katyanさんと映画を見たときのこと。ホビットの上映前の予告編で、映画版「レミゼラブル」を目にしたのが最初です。Katyanさんが、「あ、これ、見たい」とつぶやいたのがずっと心に引っかかってました。

そして、4年前のオーディオルーム完成時にこけら落としに使用したソフトの一枚が、映画「レミゼラブル」のブルーレイでした。そう、映画版ですでに大いに心が揺れ動いていたのです。その後、「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート」でさらにその振幅は大きくなり、何の巡り合わせか、Yさんの手引きもあってミュージカルの世界に入り込み、必然的にミュージカルの金字塔、「レミゼラブル」にたどり着いたのでした。
Commented by Y at 2017-11-17 09:56 x
大作の予感ですね。
楽しみに拝見したいと思います。
Commented by jiro307 at 2017-11-17 23:46
Yさん、大作だと空回りしちゃいそうで、抑え目に備忘録つくろーか というイメージなんですけど(^^;)
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2017-11-16 23:07 | マイライフ | Comments(2)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30