ブログトップ | ログイン

次郎物語

豪快ジャズサウンド! T野邸視聴

T野邸の上流機器は、視聴席側の脇に設置されています。
長尺のバランスケーブルで離れたプリとパワーを繋いで、利便性を確保するのは大型オーディオルームのセオリー通り。

音源はCD。ラックスマンのユニバーサルプレーヤー(DU-7i ?)です。
f0098083_1411875.jpg


DACはFIDELIX CAPRICE。
これがあるのとないのとでは雲泥の差!とhidetarouさんとT野さんが口を揃えます。
f0098083_1411472.jpg


プリアンプはマランツのAF01。スタジオ用のプロフェッショナルモデルで、これまた鈴木哲氏の設計のもの。
こちらにも御札がちょこんと乗っかっています。
f0098083_1415518.jpg


かかったCDは、ほぼジャズ一辺倒。
f0098083_14175894.jpg
f0098083_1418665.jpg
f0098083_14181684.jpg
f0098083_14183811.jpg
f0098083_14185199.jpg


その音は、見た目の期待を裏切らない、荒々しくも豪快な力強さに溢れたものでした。
部屋中を満たす、音の洪水。

一方で、中低域中心の音作りかな、と思っていると、
高域情報の入ったソフトでは、多少荒さはあるものの高域がこちらも部屋中一杯に広がります。

正面の椅子では、ドラムや弦の音は、みぞおち辺りを拳で打たれるかのようです。
脇のソファへ視聴席を移すと、ソファがボディソニックのように振動しています。これはumekichiさんのところでも体験した現象ですね。

これは、ロドカブなんかが最高に合うのでは!?とリクエストすると、CDがバーの方に置いてあるとのことでこちらは残念でした。

解像度やSNは二の次に、とても開放的で豪快なジャズサウンドを奏でるT野邸でした。

ところで、ツイーターやプリに貼ってある御札ですが、セラモパワーという本来は自動車の性能改善パーツだそうで、機械の近くに置くだけで効果がある、だけど科学的な説明が困難、という代物でした。オーディオと車ってそういう意味で正に類似点が多いのかもしれませんね。
Commented by hidetarou at 2015-09-27 18:30 x
T野邸の音圧は凄すぎですね。
ここで聴くと我が家なんてオモチャみたいな気がします♬
Commented by jiro307 at 2015-09-28 10:08
ご謙遜を!(^^♪
でも、音圧では確かにT野さんが一枚上手でしたね。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2015-09-27 15:09 | オーディオ訪問記 | Comments(2)

10歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31