人気ブログランキング |
ブログトップ

次郎物語

強烈!教授邸訪問 その3

f0098083_164815100.jpg


最初に流れたのは、今井美樹のアルバム「I Love a Piano」から「年下の水夫」。
クールな響きと、広いサウンドステージが私を迎えてくれました。


次に流れたアコースティックギターの曲は、音が空間を満たし、耳元で次から次へと弾けます。
聴神経を通して脳を超音波洗浄されているような高域の炸裂感です。
まるで花火のようだ!と思っていたら、ジャケットに花火のイラストが。DEPAPEPEというギターデュオのアルバムでした。


以上を奏でたP0-sとゴールドムンドの組み合わせですが、とにかく解像度が極めて高く、音数も多い。
CDに入っている情報をひとかけらも残さずに抽出しようとしているかのようです。
そして抜群に立体的な音場表現。上下左右だけでなく、前後の奥行もしっかりと感じられます。
ここまで立体的な空間表現はあまり記憶にありません。


触ると血が出そうなキレキレの音像表現。
これが、アルバム「Pure2-ULTIMATE COOL JAPAN JAZZ- 」のSuara「旅立つ人へ」で一変しました。
ポンポンと綿花で優しく包んだように、ソフトなふわっとした空気感。
機器が変わって、ブルメスターのCDトラポとDACコンビの織りなす音でした。
ケーブルも、音が柔らかくなるようなものを選択しているのだそうです。


f0098083_1647180.jpg

その他にも、P-0とブルメスターの組み合わせ、
さらにはボリューム機能もついているというブルメスターDACをパワーアンプのジェフに直結した音なども登場。
Kin-yaさんがブルメスターを評して「蒸留水のような音」と表現するのも分かるような気がします。



ここで、昼食休憩の、美味しいぶっかけうどんを挟んで、午後の部へ。
f0098083_1646171.jpg


午後からは、映像タイムに。
教授さんがいう、このオーディオルーム唯一の誤算、それがスクリーンの設置。
150インチをいれるつもりで天井の収納部を作成したはずが、実際にはスクリーンボックスが入らず、120インチになってしまったとか。
家づくりは3回目にしてやっと満足できるものが建つなどといいますが、
完璧を期したつもりでも1つ2つの失敗や誤算はあるものですね(些末なことですが!)。


使っているBDPが、随分前のDENONなので(しかも3800BDと勘違い!)、
あんまり映像系には力が入ってないのかと思うと、これが全くの見当違いでした。
近年のBD再生機は話題のoppoも含めて年々クオリティが落ちていて、この頃のものでないとダメなのだそうです。
そういえば、某師匠も同じ様なことを言ってたなあ。

f0098083_16543645.jpg

絢香のライブ、オペラ座の怪人、アイロボット、アナと雪の女王のブルーレイなどを視聴させて頂きましたが、
リアチャンネルも良くセッティングされていて、マルチチャンネルによる音場感もなかなかのものでした。
というか、アイロボットの衝撃音はまさに「痛みを感じる」リアリティです。


そして最後に、レベッカ見る?と教授さんから一言。
レベッカって、あのレベッカ?それ、私ど真ん中です。
早稲田大学でのシークレット野外ライブのDVD、これはコンテンツ的なインパクトが☆☆☆でgoodでした。

                




最後にオーディオに戻って、イノセンスで締めとなりました。
これは、最大スケールの空間表現と音の洪水、凄まじかったです。
結局、もう一つのDACのVIMACの出番はありませんでした。
こちらはロックなどのちょっとナローレンジな音源にマッチングが良いそうですが、次回のお楽しみとなりました。
f0098083_16341694.jpg

最後に、この日かかった曲目および使用トラポ&DACのリストです。
教授さん、ありがとうございました。


I love a piano  曲2、7 P0+Mund
Ciao! Brabo!! 曲1 P0+Mund
ホルスト:組曲「惑星」 P0+Mund
クリスタルの音楽 水晶琴 曲1 P0+Burme
Pure2 曲10 Burme+Burme
ムーン・ダンス/Ann Sally 曲4 P0+Mund
Lady Gaga The Remix 曲6 P0+Mund
Here & Now/The Idea of North 曲1 Burme+Burme
Deep River/宇多田ヒカル 曲1 P0+Mund
もののけ姫 曲7,12,13,14,21,32 P0+Mund
かぐや姫LIVE 曲4 Burme+Burme
よしだたくろう ひきがたり 曲11,23 Burme+Burme
Live in Japan/Rodrigo Y Gabriela 曲12,13 P0+Burme
We Are One/Kelly Sweet 曲3,12 Burme+Burme
a girl meets BossaNova/Olivia 曲1 P0+Mund
innocent view/sotte bosse  曲4、7 P0+Mund
UC YMO 曲7 P0+Mund
春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編 曲2 Burme+Burme(Burmeをモデル8に直結)
あなたのことが大すき。 曲1,5,10 P0+Burme(Burmeをモデル8に直結)
イノセンス オリジナル・サウンドトラック 曲2 Burme+Burme
Commented by umekichi at 2014-09-24 22:35 x
いやいや、とうとう凄い音を聴いちゃいましたか。

凄かったでしょ!!

何回かお邪魔していますが、その度に打ちのめされて
帰ります。
空間表現、レンジ、解像度、音数どれをとっても拙宅のシステムでは
足元にも及びません。

「機材、部屋が違うんだから・・・」などと自分自身に言い訳を
している始末です。(笑)

でも、ほんとうに癖になる音で、しばらく経つとまた
聴きたくなります。

強い習慣性がりますから、お気を付けください。
Commented by jiro307 at 2014-09-25 20:56
聞いてしまいました(^^♪
DAC3台ですから、全貌を掴むには1日の試聴では足りませんでした。

ただ、umekichiさんとは音の方向性が大きく異なると思います。
umekichi邸も、癖になる音ですよ!
Commented by 教授 at 2014-09-25 23:35 x
詳細な訪問記、感想を書いて頂きまして有り難うございます。
とても勉強になります。
写真もかっこ良く撮って頂きまして有り難うございます。
演奏した曲も良く憶えられていましたね!凄いです!
次回は上記以外の曲を聴きましょう!
今度は、VIMAKも聴いてください。
近々、 jiro307さんのところへもお邪魔させてください。
どうぞ宜しくお願い致します。
umekichiさんのところへも聴きに行きたいなあ〜病がそそそろ出る頃なので宜しくお願い致します。
Commented by jiro307 at 2014-09-26 07:24
教授さん、選曲が素晴らしかったことと、使用機器の組み合わせにとても関心があったので、異例の全曲フォローしてみました。

また当方へもお越しください。ありがとうございました。
Commented by  Kin-ya at 2014-09-27 11:44 x
jiroさん
教授邸訪問、そしてレポートお疲れ様でした。
非常に的確に教授邸の音を評されていると感じました。
いよいよ耳が肥えてこられましたねっ!(^_^;)

今井美樹の感想は、まったく同感で、フワッ透明感のある声やピアノの響きが広がるのが印象的です。私は、あの透明感のある豊かな響きは、他ではあまり聞いたことがありませんでした。あれと「テルーの唄」にはやられましたね〜。
次回は、「羊毛とおはな」も聴いてみてください。
個人的に、教授邸の音は高解像度と情報量、広いダイナミックレンジ、高S/Nが特徴だと思いますが、それだけでなく懐の広い表現力が素晴らしいと思います。
まあ、3つもハイエンドDACを使い分ける所は他にありませんが・・・。あれは反則でしょっ!(^_^;)
juroさんが訪問された前日に私もお邪魔したのですが、その折に私が持ち込んだ「BELAFONTE AT CARNEGIE HALL」でハリー・ベラフォンテが歌い上げる熱いボーカルが情緒たっぷりに聴こえたのには驚きました。某氏が持ち込んだパープルもむっちゃカッコ良かったですよっ!

また機会がありましたら再訪されることをお勧めいたします。
Commented by jiro307 at 2014-09-27 15:38
Kin-yaさん、ありがとうございます。
教授邸の音を聴いて、Kin-yaさんのいうハイエンドの定義が何となく分かったような気がしました。
3つのDAC使い分けは、正に反則ですね(笑)。
やはり、再訪必至です。
Commented by umekichi at 2014-09-27 23:58 x
教授さん、あのような音でよろしければ、いつでも聴きに(笑いに)来てください。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2014-09-24 21:00 | オーディオ訪問記 | Comments(7)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31