ブログトップ | ログイン

次郎物語

晴レ後大雨 その4

さらに、oppoの103Dが登場し、SACDマルチ再生が始まります。
f0098083_1745540.jpg


受け手はONKYOのAVプリアンプです。
f0098083_1753924.jpg


以前、Yさん邸でSACDのマルチch再生が案外自然で好印象だった経験があるのですが、Kin-ya邸も耳元でかすかに音声信号が補完される自然なサラウンドがなかなか面白かったです。

ジャズのソフトでは一転して、観客の拍手が左右耳元および背後で鳴るため、正にライブの客席に座っているようなリアルな臨場感がありました。

さらに、最近発売されたカーペンターズのSACDをRYO師匠が持参していて、CDとの比較視聴がありました。カレンの声にリバーブのかかっていない、余計なマスタリングがない待望の盤ということでしたが、こちらはAVアンプ内臓DACとの音質差がそのまま出てしまってCDに軍配が上がりました。



最後に、Kin-ya邸に来たら欠かせない、映像系です。
貴重な三管プロジェクターとスチュワートのサウンドスクリーン(4:3アスペクト120インチ)の組合わせは、やはり映像に独特の品位が有ります。
f0098083_177114.jpg
f0098083_1772862.jpg




樂人さんのリクエストということで、レコーダー録画の東京JAZZ2006から上原ひろみが再生されましたが、AACとは思えない迫力、そして臨場感溢れる貴重なコンテンツでした。
この番組がどうしても消せないので、パナのレコーダーがこの部屋から撤去出来ないのだそうです。
f0098083_1781184.jpg
f0098083_1784088.jpg







2時間余りのKin-ya邸オフ会も時間となり、再び瀬戸大橋を渡って拙宅への移動となりました。
お昼ご飯を挟み、午後2時から午後の部の開始です。






早速、ウイルソンのオーディオサイト。
まず、ジーナロドウィックのGetting To Know Youから1曲目です。





Kin-yaさん ちょっと言わせてもらってもいい?




Jiro ドキドキ。




Kin-yaさん いや~、これは紛れもなくRYOさんの音だよ~!!(^^)!




Jiro (^^♪




どんどん行きましょう。次に、スティングのBrand New Dayから2曲目。
かなり作りこんである音源で、ごっつい低域も入っているのです。




Jiro いかがですか?(^^ゞ










Kin-yaさん   ほぐれてない (ー_ー)!!



ア・・・、雨ガ・・・降ッテキタ・・・
Commented by RYO at 2014-07-06 22:05 x
讃岐のお代官様 やっぱり怖い人ですね。w
SPのセッティングがんばってくださいね。
Commented by Kin-ya at 2014-07-07 21:25 x
jiroさん、先日は大変お世話になりました。またレポートお疲れ様です。
私は決して悪代官ではありません・・・(^_^;)。

下で話の出ていた「ハイエンドオーディオ」についてですが・・・。
以前、オーディオ評論家の和田博巳氏がステレオサウンド誌において、その出自を書かれていたと思います。
確か、それまでの音色や音像重視のオーディオ再生に対して、現代のステレオイメージによる3次元的な音場再生を目指したオーディオのことを示す言葉だと解説されていたような・・・。
そういう意味では、元来高級高額な機器のことを言っている訳ではないのですが、最近のハイエンドという言葉の使われ方として、あるジャンルにおける機器のフラッグシップ的なもの(エントリーモデルの対局)に対して「ハイエンドモデル」という言い方が一般に広く普及してきており、その流れで「ハイエンドオーディオ機器」という言葉が、高級高額機器として理解されるようになったではないでしょうか?
Commented by Kin-ya at 2014-07-07 21:25 x
因に、私個人はウィルソンオーディオはまさに「ハイエンドオーディオ」を体現しているSPではないか、と思っています。
そして、まさにその「ハイエンドオーディオ」を初めて体験し衝撃を受けたのが、かつてRYO邸で聴いたWILSON AUDIO SYSTEM5だったのです。
Commented by jiro307 at 2014-07-07 23:45
RYO師匠、がんばります ((+_+))
Commented by jiro307 at 2014-07-07 23:48
Kin-yaさん 解説ありがとうございます。
人間どうしても金額に関心がいきがちですから、当初の定義が捻じれてしまったんでしょうか。
ウイルソンは本来の定義では間違いなくハイエンドですね、頑張って引き継いでいこうと思います。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2014-07-06 19:00 | オーディオoff会 | Comments(5)

10歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31