ブログトップ | ログイン

次郎物語

ダストカバー磨き その2

張り切って、材料を揃え、週末に再チャレンジしました。

f0098083_22503828.jpg

まず、耐水サンドペーパー。
#600でこすると、キズが見る見るうちに消え失せます。
その後、#1000 → #2000 で下地作り。
f0098083_2257485.jpg


続いて、クリームクレンザー。
f0098083_22562832.jpg

f0098083_22572269.jpg


さらに、歯磨き粉。
f0098083_22575881.jpg

f0098083_2258257.jpg


そして、ピカール。
f0098083_22585097.jpg

f0098083_22591018.jpg


最後に極細コンパウンド。
コットンで優しく拭きあげて・・・
f0098083_22593344.jpg





・・・・・





f0098083_22594946.jpg

???



下地作りが不十分であったかと、サンドペーパーがけを#1000と#2000の間に#1500を加えて念入りに行い、
その後クリームクレンザー以下同じ工程を繰り返しましたが、結果は変わらず。


いったい私はどこでどう道を間違えたのでしょう?(涙)
Commented by AMIE at 2014-06-24 01:48 x
いきなり600番で削るとは漢ですねぇw

解説すると600番で付けた傷は800番でしか取れません
800番で付けた傷は1000番でしか取れません
以下、略

短時間で仕上がる程、甘くは無いです
ヘッドライト程度の面積でだいたい仕上がるまで2時間程度かかります

どうにもならなかったら、遊びに来られた時に機械でブーンと仕上げますよw
Commented by jiro307 at 2014-06-24 07:51
AMIEさん、そうでしたか。
ちょっと性根を据えて、再々挑戦してみます。

上手くいかなかったときは、宜しくお願いします(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2014-06-24 00:00 | オーディオ | Comments(2)

10歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31