ブログトップ | ログイン

次郎物語

Maruseigoさん邸 訪問

RYO師匠から広島オーディオ遠征のお誘いあり、10月20日に日帰りで参加してきました。
呉港でRYO師匠とKatyanさんをピックアップし、まず第一部であるMaruseigoさんのお宅へ。

Maruseigoさんとは実に6年振り?7年振り?の再会。
私がオーディオ活動を開始してからは初めてお会いすることになります。
Maruseigoさんは店舗兼ご自宅の二階にある自室でオーディオされています。
聞けば、壁一枚隔ててご家族がいるため、なかなかオーディオ全開!といかない苦境のようです。


f0098083_22381014.jpg

メインスピーカーです。JBL4320の箱に、JBLのフルレンジユニットD130をインストールしたとのこと。


f0098083_22451293.jpg

足りない高域を補うためのホーン型ツイーターは、コンデンサーを挟んだ直列接続によって接続されています。
この辺り、とても興味深く拝見しました。ネットワークの仕組みなど自分は全くの無知でしたが、コンデンサーは低域をカットして高域だけを通すのですね。コンデンサーの容量でカットする周波数をコントロールできることも初めて知りました。


f0098083_231729.jpg

Stellaというネームの入った真空管アンプ。日本の会社の、自作(組立)アンプなんですね。


f0098083_2312083.jpg

YAMAHAのターンテーブルGT-2000。なかなか重厚な出で立ち。


f0098083_231314.jpg

山水のアンプをフォノイコとして使用。


f0098083_23273831.jpg

その他、部屋には数々の自作スピーカー、そして多数のアナログ盤コレクションが。

色々音を出してもらいましたが、アナログよりもなぜかセンターにポン置きされているCDプレーヤーの方が豊かな低音が出ます。

えー、ここからは私、RYO師匠とKatyanさんお二人の行動を見てるだけ。
Maruseigoさん、あたかもライオンの群れに捕まったインパラのようでした・・・



f0098083_2337545.jpg

御馳走さま、の証?




しかし午後の部、オメガの会で、Maruseigoさんは午前とはまるで異なる姿を見せてくれるのでした。
Commented by maruseigo001 at 2013-10-30 22:16
こんばんは。
先日は、お世話になりました。

駄音に貧相な機器で聴いていただき、恐縮至極です。
音の基礎となる中低音について、この度のオフ会では気が付いた
次第であります。

次の日記も楽しみにしております。

有難うございました。

Commented by jiro307 at 2013-10-31 07:38
こちらこそ色々と有難うございました。
かなりの逆境の中で、オーディオを楽しむ精神、しっかりと伝わってきました。
使いこなしについては私まだまだ素人ですので、今後何かとお世話になると思います。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2013-10-28 23:45 | オーディオ訪問記 | Comments(2)

10歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31