ブログトップ | ログイン

次郎物語

レ・ミゼラブル4回目 (2017/9/11 マチネ@大阪フェスティバルホール)

グランドミュージカルは、東京で上演した後、地方巡業を行うのが定番のようです。
地方、といっても多くは大阪、名古屋、博多といった大都市ばかり。
レミゼも、帝国劇場の後は博多座を経て大阪へ場を移していました。


自身、初めてとなる大阪フェスティバルホールです。淀屋橋駅から案外近い。

f0098083_2357367.jpg

立派な建物に入ると、荘厳なレッドカーペット。
f0098083_23581013.jpg

美しいエスカレーターで上階へ。
f0098083_23583656.jpg

ホールも美しい吹き抜けとなっています。
f0098083_015962.jpg

クライバーンさんが1972年の来日時に使用したという、スタインウェイ製グランドピアノが常設展示されています。
f0098083_021783.jpg

本日のキャスト。
f0098083_023460.jpg

この日は、梅田芸術劇場会員先行でのチケット入手。
センターブロック(の端っこ)、6列目ですが、オーケストラピットで前5列がつぶれるので、実は最前列なのです。
f0098083_024726.jpg

舞台は左右に広く、床が高い印象。そして、オケピのスペースが広い。
帝国劇場の倍くらいあるでしょうか、最前列でも若干距離を感じます。

とはいえ、さすが最前列。
役者の熱演がいろんな意味でしっかり伝わってきて、最前列でないと見えない世界がありました。

そしてこのホール、音響が素晴らしい。
響きが秀逸で、どこで聴いてもいい音で聞こえそうな気がします。

f0098083_03288.jpg

観劇後、帰途につく隣の女性グループから、レミゼの原作本、読んでみたいと思うんだけど長くてとても無理よね~、との声が聞こえてきます。いやいやおばちゃん、自分も今頑張って読んでますよ。
# by jiro307 | 2018-05-31 08:20 | ライブ | Comments(0)

ミュージカル「レ・ミゼラブル」③ (2017/7/16 マチネ@帝国劇場)

一週間後、再び東京。
f0098083_1316426.jpg

道を歩けば、ランボルギーニに当たる。
f0098083_1341086.jpg

GINZA SIXの前を歩くのも、何度目か。
f0098083_13164244.jpg


お昼ご飯は、行列に並び・・・
f0098083_1343328.jpg

スペシャルかつ丼。
f0098083_13435477.jpg
衣がべしゃべしゃだったのが残念・・・

3度目のレミゼです。
f0098083_13445592.jpg


今回も、天より降りし神席。
f0098083_13511562.jpg

この日のマチネは、出演キャストにとっての千秋楽なのです。
f0098083_13451192.jpg

ダブルキャスト・トリプルキャストの中でほぼ最強の組み合わせとなっていたこの日。バルジャン役はヤンジュンモさん。全員による最後の舞台挨拶は感涙ものでした。また、観客の帰り際、オケが三本締めを始めて、気づいた観客が途中から一緒にやってました。

今回は人生で初めてとなる東京日帰り弾丸ツアーでしたが、十二分にその価値あり、でした。
# by jiro307 | 2018-05-27 16:16 | ライブ | Comments(2)

ミュージカル「レ・ミゼラブル」② (2017/7/9 ソワレ@帝国劇場)

すでに先日、2019年のキャストが発表されたレ・ミゼラブル。
その魅力に囚われた人達は、2年サイクルでやってくるこの波を楽しみ続けてるのだなと実感。

さて昨年7月に遡ります。中一日で2回目のレミゼ観劇。
f0098083_16511993.jpg


今回は、天から降ってきた神席! 良く見えます。素晴らしい席でした。
f0098083_16521549.jpg


キャスト。
f0098083_16524250.jpg


前回はセリフの99%が歌であること、展開があまりに早すぎることに頭がついていかなかったわけですが、1回観劇したことで脳内調整完了。今回は存分にその世界に浸ることが出来ました。

観劇は2回目から、というコトワザ(?)もあるそうです。

それにしても、賑わってるな~ と感心する間もなく、早足で最終の新幹線へと向かったのでした
f0098083_17436.jpg

# by jiro307 | 2018-05-22 21:01 | ライブ | Comments(0)

半蔵門、桜田門、有楽町、銀座

今日は仕事絡みで東京でした。
朝、ホテルを出て半蔵門からスタート。
f0098083_2017742.jpg

皇居沿いをてくてく歩いて、初めて見る国立劇場、最高裁判所に新鮮な驚き。
ランナーもたくさん。確かに皇居一周は気持ちいいでしょうね。
f0098083_20414483.jpg

マラソンのイベントかな?
f0098083_20421316.jpg

有楽町へ到着。国際フォーラム。
f0098083_20434941.jpg

大江戸骨董市が開催されてました。
f0098083_20444845.jpg

骨董品に造詣はありませんが、きれいなグラスを発見。
f0098083_20453227.jpg

6脚38000円で、断念。

ミッションを済ませ、銀座へ。
f0098083_20471566.jpg

歩行者天国、今日は快晴で、とても気持ちいい。
f0098083_20474125.jpg

パラソルで休憩。贅沢な時間、空間です。
f0098083_2048521.jpg


国際フォーラムに戻り、お気に入りのSHAKE SHACKでハンバーガーをTo Goして帰途につきました。

もう1年遅れになりそうな過去ネタ(ほとんどは観劇ですが)、自分のためにもラッシュで挙げていきます。
# by jiro307 | 2018-05-20 20:55 | マイライフ | Comments(0)

dcs950 電源ケーブル比べ

先日のオフ会で一つ指摘されたのは、DACである dcs950 の音が荒い!という点。
MACのPCオーディオを音源とした時の、RYO師匠からのコメントです。

DACの電源ケーブルに問題があるのでは?とのこと。

現在dcs950に使用している電源ケーブルは自作したベルデン19364。これを日立 LC-OFCカンタムに変えてみるよう指示があり、やってみると確かに情報量が上がり荒さがとれた印象。

dsc950にもっと愛を!とのメッセージをもらいその日は終了となっていました。



後日、手持ちのケーブルを改めて色々比較してみました。

f0098083_08561049.jpg

右がベルデン、下のラベンダー色が日立カンタム。


f0098083_08582378.jpg

日立カンタムで聴くと、確かに高域の伸びが素晴らしい。しかしずっと聴いていると全体にハイ上がりな感じでやや刺激的。プリアンプの synergy にも日立カンタムを合わせているので、これはちょっとやり過ぎサウンドになるのかも?

続いて、写真左の黒いケーブル。その辺に転がっていたのを適当にピックアップしたのですが、これを合わせるとびっくりするほどのハイ落ちに。音を聴いて思い出しました、これはマイチェンされて音が悪くなった根岸ZAC-1ですね。改めてNGケーブルに認定。



最後にオレンジ色のLINNのケーブル。

f0098083_09044374.jpg

出生不明のこのケーブルに変えると、上も下もぐっと情報量が増えて、ああこれは素晴らしい。やっぱりdcs950にはLINN(出生不明)だな!と納得。

で、日を替えて再度同じ検証作業を繰り返しました。すると、これがまた印象が違う・・・
この日はいい加減に酔っぱらっていたせいもありますが、オーディオって難しいですね。

そういえば、2年前にもほぼ同様のことをやってました。


しばらくMAC&dcs950を軸に、オーディオ愛を深めていきます。




# by jiro307 | 2018-04-15 09:34 | オーディオ | Comments(2)

RYO師匠、ひでさん来訪

1週間前の話になりますが、RYO師匠がひでさんを伴って来訪されました。



スーパーカーで!

f0098083_07172718.jpg
ひでさんのお車です。チューンアップされたHONDA NSX ! 

すっかり気分が高揚してしまいました。
ひでさんとは初対面になりますが、お願いして助手席に乗らせてもらい、近所を軽く走行。地を這うような低い着座位置に背中で炸裂する豪快なサウンド、ダイレクトな足回りとドラマティックな加速で、異次元の走りを堪能しました。2人乗りなので、うちで待ちぼうけのRYO師匠から 遅い! との催促電話が入る始末。

この日は絶好のお花見日和、ということでまずは桜をめでにお出かけ。
近所にちょっとした名所があるのですが、自分自身足を運ぶのは小学生以来。
f0098083_07265854.jpg

f0098083_07271207.jpg

ソメイヨシノの本数とか、RYO師匠のほうが詳しかったデス。



そして、オーディオオフ会となりました。
RYO師匠が我が家に来るのは実に3年ぶり。
f0098083_07282844.jpg


一通り聞いてもらった後、ひでさん持参のCDへ。印象的だったのがこの一枚。
f0098083_07285431.jpg

名前の読み方がやや難解…なのはさておき、癒しの女性ヴォーカル。
かと思いきや、えげつない低音が入っているオーディオチェック用の鬼アルバムでした。
(ノルウェーの歌姫だそうで、スールヴァイグ・シュレッタイエルと読みます。)

その後は、有機ELでアマゾンプライム等の配信映像、プロジェクターでブルーレイや Ultra HD Blu-ray の「パッセンジャー」、YouTubeの高画質4K動画を視聴してもらって、おひらきとなりました。


さてこの1年、ミュージカルに嵌ってしまった不肖の弟子である私。どんなひどいダメ出しを喰らうかとビクビクしていましたが、頂いたのは “オーディオ愛を忘れるなよ!” との有難い 喝 でした(ホントは少しダメ出しもらってますが、それについてはまた後日)。

RYO師匠、そしてひでさん、ありがとうございました。



# by jiro307 | 2018-04-10 09:32 | オーディオoff会 | Comments(6)

多田誠司 &スガダイロー 残照duo2018@2月13日Speak Low

先日、Speak Lowのライブに行ってきました。
f0098083_20331199.jpg

スガダイローのことは何にも知らず、高松出身の多田誠司さんについても、演奏を聴くのは初めてです。
スガダイローは、フリージャズの山下洋輔
に後継者と指名され、留学先のバークリー音楽大学ではあの上原ひろみと同期生なんですね、びっくりしました。

Yさんとともに、最前列に陣取りました。多田さんのアルトサクソフォンと2m未満の至近距離。さすがにこの距離で聴くサックスは、迫力満点。耳穴が掃除されるかのごとく刺激がビンビン来ますが、これがとても心地よいのです。

実はフリージャズ、個人的にはちょっと苦手だなあと思っていたのですが、実際に聴いて認識を覆されました。リズムが壊れそうで壊れない、ぐちゃぐちゃになりそうでならない。とても不思議な、そしてエネルギーにあふれたライブで、すっかり魅了されてしまいました。特に印象的だったのは、休憩後の最初の曲、セロニアスモンクの 「Green Chimneys」(ピアノの何と激しいことよ!)と、アンコールで披露された「ゆきゆきて円環」でした。19時半開始、22時前に終了。

CDアルバムを買って、お二人にサインを頂きました。
f0098083_20325011.jpg


f0098083_20330209.jpg

また5月にもライブに来られるそうです。


# by jiro307 | 2018-02-16 20:46 | ライブ | Comments(0)

うなぎくりはら ファイナル

3連休。ちょいと遊びの誘いもありましたが、そこは自重。
家族サービスという名ののんびりした時間を過ごしました。

建国記念日の昼食。良からぬ噂もあって、鰻を食べよう!と「うなぎ くりはら」へ。

さすが連休、13時過ぎに行ったにも関わらず、駐車場が車であふれ、大勢のお客さんが待っています。
待つこと1時間以上(車まで呼びに来てくれます)、ようやく順番が回って来ました。

前回同様、うな丼(並)1500円。

f0098083_09375541.jpg
ふっくら、かりっと焼き上げた大振りの鰻。たれが甘めでやや薄味ですが、それを引いてもとても美味しい。

お会計の時に、お姉さんに噂の真相を聞くと、やはり今月一杯で閉店するのだとか。
理由は、大将の高齢化と、この夏の鰻の仕入れが大変な価格になるから、との2点でした。

非常に残念。もう気軽に鰻を食べられる時代は来ないのかも。出来れば閉店までにもう一回来たいな・・・




# by jiro307 | 2018-02-13 09:44 | | Comments(0)

ドルビーアトモス体験会@モモンガ邸

寒波襲来、雪の舞う激寒の昨日の高松・・・
f0098083_13192067.jpg
f0098083_13193458.jpg
f0098083_13194552.jpg


まずは片原町に先月オープンしたばかりの「ちゃんぽん慶三」で長崎ちゃんぽんを食べて体を暖めて・・・
f0098083_13232435.jpg
店主は長崎出身で、北浜アリーの「黒船屋」の元オーナーです。

そして、新たにドルビーアトモス環境を立ち上げたモモンガ邸へ。
自身もアトモス実践中のYさんも5分後に到着。3人でアトモス体験会スタートです。
f0098083_13263314.jpg

アトモス用に新たに導入されたSP群、そしてそれを駆動するアンプ群。
f0098083_132653100.jpg

いつもの豪華機器の出番は今日は少なめです。
f0098083_13271621.jpg

送り出しはBDプレーヤーのoppoの103D。
f0098083_13274997.jpg

機器構成はモモンガさんのブログをご参照ください。
高齢オーディオマニアのしくじり日記

今日は「ロックの人」Yさんが持参の2枚のライブ・ブルーレイソフトで検証します。

まずはキッス。「Kiss - Rocks Vegas」。3パターンの音声が入っています。
f0098083_13284423.jpg

①2ch・PCMステレオ うん、標準的なPCMの音、という感じ。いいですね。
②DTS-HDマスターオーディオ 中低音を増強した見事なメタボサウンドです。音楽ライブのマルチchはこのパターンが多いなあ(個人の印象です)。
③ドルビー・アトモス おお!一気に高域が華やかになり、中低域も弾けるような躍動感があります。これは圧倒的にアトモスが素晴らしい。

続いてマイケルシェンカーで「On a Mission: Live in Madrid」
f0098083_132967.jpg

こちらはDolby True HD とアトモスの比較です。Dolby True HDは空間表現が広く、これはこれで悪くない感じ。
ここでアトモスに切り替えると、音像がぎゅっと凝縮され、華やかな高域と弾力のある中低域で一気に魅了されました。音の傾向はキッスのものと共通項が多く、やはりアトモス優位です。が、この差は好みの範疇かもしれません。

さて、2枚のライブブルーレイで感じたアトモスの力。しかし、巷で言う天井SPから降ってくるような音、という訳でもないので、単にフォーマットごとの音作りの違いなのでは?との疑念も浮かびます。

そこで、締めに出て来たのはこのソフト。
f0098083_13293197.jpg

滝川クリステルがナレーションを務める日本語音声はDolby TrueHD、英語音声がアトモスとなっています。まず日本語音声から視聴。そしてアトモスに切り替えると…

空気感がガラリと変わり、音の密度が高まりました。そして、頭上のプロジェクターの辺りから環境音が盛大に降り注ぎます。しかし、サラウンドバックやリヤハイトSPは視聴席から大分後方にあるのです。思わず背後を何回も振り返ってしまいました。

この背面のSP群が良い仕事していると考えるほかないようです。なるほど、これがアトモスか!
f0098083_13294942.jpg


合間にいつもに負けない熱い音楽談義を挟んでの、3時間のオフ会となりました。
そして、なんとこの日はモモンガさんの68歳の誕生日。
おめでとうございます、これからも益々の暴走を!
f0098083_13302511.jpg

Yさんと二人で真剣にハッピーバースデーを歌ったのが妙に楽しい、高松の夜なのでした。
# by jiro307 | 2018-02-07 17:34 | オーディオoff会 | Comments(4)

プジョー窓落ち complete

これまで4枚の窓のうち3枚が窓落ちし、修理を完了していた愛車の307CC。

12月上旬に最後に残る助手席側フロントウインドーからわずかな異音と一瞬の異常動作が。ヤバイっと思い以後窓操作を封印してディーラーへ連絡。しかし、年末で最も忙しい時期なのですぐ対応できぬ、レンラクヲマテ!との指示でずっと亀の子状態に。クリスマス間近にようやく受け入れ態勢が出来たとの一報がありディーラーへ。スタッフの前で満を持して窓を上下させるも問題なくスムーズに動作。むむむ、どうしよう。ディーラーは、「修理するか否かは、お客さん次第です!」と判断をこちらに丸投げ。でもこの真冬に突然の窓落ちは悲劇過ぎるので修理をお願いしました。

結果、ばらしてみるとレギュレーター(プラスチック製)が半分に割れていたようで、判断は大正解。

フロントウインドーレギュレーター交換の修理代内訳は、
技術料15,000円、部品代24,600円、交換部品処理費用500円
消費税が付いて合計43,300円でした。

f0098083_9414244.jpg

現在14年目、走行距離48,800km.

ディーラーからは、こんなに程度の良い307CCは他に知りません、自分でも欲しいくらいです、とのコメントあり。
サービストークですっかり気分を良くして帰途に着きました。

これでまた10年くらい安心して乗れるでしょう。というわけで心安らかに平成30年を迎えています。
# by jiro307 | 2018-01-04 09:43 | 自動車 | Comments(6)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31