人気ブログランキング |
ブログトップ

次郎物語

配信の時代

元々Amazon Prime Videoと、祝興行再開の新日本プロレスワールドの2つが基本形。3月からは主としてステイホームの子供のためにHuluを追加。放送では現在wowowも契約中。


そこにあるアニメを見るために先月からU-NEXTが加わり、その流れでNHKオンデマンドも加わり、今後ディズニープラスも追加予定、とどんどん配信色が濃くなっていく今日この頃。


一方でミュージカルなど劇場を取り巻く環境は全く明るくない。長い閉鎖状態の後、うんと客数を減らして折角の再開も、客足は鈍いとか。そんなこんなで、劇場も配信に一気に舵を切ってきた感があります。


そんな中、先週末は東宝の有料配信「TOHO MUSICAL LAB」を視聴。

①30分程度のオリジナルミュージカル 
②今回が初演であること 
③内容・テーマは自由 
④感染対策に細心の注意を払うこと 

4つを条件に、
企画1か月弱、稽古2週間という突貫工事で製作された本作品。

無観客の生配信。第一部「CALL」はそれを逆手に取った作品。

そして第二部「Happily Ever After」。
脚本演出、根本宗子さんの存在がしっかり心に刻まれました。
小林香さんといい、劇場演出は女性の時代到来のようです。

3800円の料金は、自宅のPCモニターでの視聴であることを考えるとやや高く感じるが、実際の観劇チケットと比較するとうんと安い。
この4000円前後が配信の落としどころになるのかな?

今週末から本格的に再開される帝劇関連2演目はいずれも複数回のライブ配信あり。
今後、劇場関係は続々配信が増えていく流れになりそう。


生の観劇のほうが良いのは当然として、高価なチケット代、良席入手の高い難易度、現地への移動や宿泊、等考えると配信が有利な点もある。
今まで足を運べず断念していたいろんな作品を観ることが出来るかも。
 


# by jiro307 | 2020-07-14 07:20 | ライブ | Comments(0)

キャッツ Blu-ray

昨日到着。

劇場公開の評価は散々だったいわくつきの(?)作品。


キャッツ Blu-ray_f0098083_07232261.jpg

見終わって思ったのは、これは観る人の「ミュージカル CATS」への愛が試されている作品だなあ、と。

ミュージカルでは、人を猫にできるだけ近づけようとしっかりメイクと毛足長めの着ぐるみ。

この映画では逆に、猫を人に近づけようと擬人化したようなビジュアル。毛足は短く、表情がよく分かり演じている俳優を同定しやすい。

結果、このビジュアルが裏目に出て、拒絶に近い反応をする人が多かったのでは?


キャッツ Blu-ray_f0098083_07260095.jpg


自分を振り返ると、舞台観劇2回、旧映画版視聴2回とまだCATSの入り口をくぐったばかり。観始めは若干の違和感を感じたのも事実。が、徐々に引き込まれていった。CATS愛の深い人たちと比べると、自分はまだまだということですネ。


本編の再生が終わると、ホーム画面に戻らず次々と自動的に特典映像が再生される珍しい仕様。製作陣の、ぜひ特典映像を見てほしいという気持ちが表れている。実際、特典映像にはフーバー監督やアンドリュー・ロイド・ウェバーはじめスタッフやキャストのCATS愛が溢れている。自分は特典をみてテイラースイフトが出ていたことに気づきました(お粗末)。


あと驚いたのはUHDの発売がないこと。ハリウッドの最新作の円盤化なのに、なぜだろう?配信では4Kがあることも謎。みると、BDなのにアトモス音声ありという今では貴重な形態。


キャッツ Blu-ray_f0098083_07185780.jpg



豪華な日本語吹き替えがあることに後から気づいた。

UHD、出てほしい。


# by jiro307 | 2020-07-08 07:29 | 映像系 | Comments(4)

ベートーヴェン「英雄」聞き比べ 続き

忙しくなると、簡単なブログもなかなかUP出来ない…


④カールベーム × ウィーンフィルハーモニー管弦楽団


ベートーヴェン「英雄」聞き比べ 続き_f0098083_16223614.jpg

カールベームはBS8Kの「いまよみがえる伝説の名演奏」で存在を知る(が、録画だけして未視聴です)。

19719月ウィーンにて録音 当時ベーム77

出足のテンポはスローながら、緩急が素晴らしく聴き応えあり。さすが伝説の巨匠。



⑤ズービン・メータ × ニューヨークフィルハーモニック


ベートーヴェン「英雄」聞き比べ 続き_f0098083_16230338.jpg

メータさん、インド出身なんですね、ちょっと驚き。

検索すれど本アルバムの情報は出てこず。

聴いてみても、どうにもぱっとしない。



⑥グスターボ・ドゥダメル × シモン・ボリバル交響楽団


ベートーヴェン「英雄」聞き比べ 続き_f0098083_16234060.jpg

20123月カラカスにて録音 ドゥダメル当時31歳(今も39歳!)

ベネズエラの指揮者に、ベネズエラのオケ、これが実に素晴らしい。雄大で、エネルギッシュな演奏。




おまけ


ベートーヴェン「英雄」聞き比べ 続き_f0098083_16241505.jpg


坂本龍一ピアノワークス2~映画音楽集 これもなかなか良かったです。


# by jiro307 | 2020-07-07 16:32 | オーディオ | Comments(3)

土曜は寅さん!4Kでらっくす(BSテレ東4K)

生まれてから今まで、一度も寅さん作品を見たことはなかった。


「35mmオリジナルネガを1コマずつフル4Kサイズでスキャンし、キズをなくし、退色した色調を調整し、シリーズを通した統一感を創りあげる。一作を修復するのにかかる時間は200500時間。」 この制作過程を紹介する映像もあり、俄然視聴意欲がUP


この4月から1年かけて、49作放送するとのことで、第1作から視聴開始。


パナの4Kレコーダーで録画、手間暇かけてCMカットしBDに焼き、パナのUB9000からのプロジェクター視聴。映画はやっぱりスクリーンです。


毎週1作ずつ放送があるため、さすがに視聴が追い付かず、昨夜観たのは4週遅れで第8作「寅次郎恋歌」。1971年の作品でマドンナは池内淳子。岡山県が舞台として登場。


土曜は寅さん!4Kでらっくす(BSテレ東4K)_f0098083_23004848.jpg


大事なところで月をぶら下げるワイヤーが丸見えなのは4K修復の恩恵?


土曜は寅さん!4Kでらっくす(BSテレ東4K)_f0098083_23003752.jpg

自分が生まれた頃の風俗が分かるのが興味深い。蒸気機関車が普通に走っているし。


笠智衆に倍賞千恵子、ミヤコ蝶々に森繁久彌、晩年の志村喬など名優が沢山。若き日の宮本信子や山崎努の姿に驚く。


50作も続いた人気シリーズ。なぜ国民に愛されたのか、理解出来ました。


# by jiro307 | 2020-06-27 23:07 | 映像系 | Comments(0)

エール

本日の放送をもっていったん休止となってしまった朝ドラ「エール」

なんといっても、朝ドラ初の4K放送!

自分は朝ドラを毎シーズン見るようなコアなファンではないけれど、初回から楽しみに見てきました。

パナソニックの4Kレコーダーから湾曲有機ELでの視聴。


エール_f0098083_20221377.jpg


・はっちゃけすぎでは?というおふざけ全開の話から前週のスピンオフのような心をえぐるようなシリアスな話まで(第60話 「環のパリの物語 後編」はマイベストエピソード)、実に幅の広いテイスト。

・ミュージカルファンにとって、次から次へとスターが降臨する神展開。

・志村けんの遺作にも。

・古関裕而について、大変勉強になりました。


休止は残念ですが、再開を期待して待ちます。


# by jiro307 | 2020-06-26 20:34 | Comments(0)

ミュージカル・コンサート「M.クンツェ&S.リーヴァイの世界」(wowow)

ミュージカル好きにとって、6月のwowowの目玉コンテンツ。2012年に帝国劇場で開催されたコンサート。


前半の「レベッカ」、「マリーアントワネット」は未見のため楽曲がほとんど分からず。後半の観劇歴のある「モーツァルト!」、DVD視聴歴のある「エリザベート」は大いに楽しめた。


一路真輝さん、石川禅さん、土居裕子さんの熱唱が素晴らしかった。土居さんについては今まで存じ上げなかったが、「ポカホンタス」の吹き替え担当や、濱田めぐみさんが過去に憧れたその人であったとは。


新妻聖子さん、今と全然印象が違う。


ミュージカル・コンサート「M.クンツェ&S.リーヴァイの世界」(wowow)_f0098083_22162991.jpg


しかし、4K化を半年後に控えたこの時期にまさかのSD素材とは。未だに東宝はDVDで商売しているからか・・・


# by jiro307 | 2020-06-25 22:20 | 映像系 | Comments(0)

ベートーヴェンの「正しい」聴き方

図書館で借りた本で、ベートーヴェン掘り下げ中。


ベートーヴェンの「正しい」聴き方_f0098083_11282574.jpg


ベートーヴェンの「正しい」聴き方_f0098083_11285185.jpg


改めて調べると、ベートーヴェンと自分は生誕月が丁度200年違いであることが判明。少し身近に感じる(笑)

ミュージカルでも1800年前後が舞台となっているものが多いので、その点でも深め甲斐アリ。

作曲された背景を知りながら作品を聴くと、とても楽しい。



今回は交響曲3番「英雄」をたくさん借りました(適当に、ですが)。



フルトヴェングラー×ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


ベートーヴェンの「正しい」聴き方_f0098083_11292867.jpg


1952年の録音、フルトヴェングラー66歳

流石に古い、モノラル。色々ノイズが入っていて、逆に生々しい。ゆっくりしたテンポの、堂々とした演奏。

これとは別に1944年録音のものが、敗戦間近の第二次大戦中に悲壮な覚悟で演奏され「壮絶」で「悲劇的」な響きに満ちているらしい。




パーヴォ・ヤルヴィ×ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団


ベートーヴェンの「正しい」聴き方_f0098083_11303990.jpg


2005年の録音、パーヴォヤルヴィ42歳

非常にテンポが良く、現代的というべきか、全体的にポップで軽やかな演奏。




小澤征爾×サイトウ・キネン・オーケストラ


ベートーヴェンの「正しい」聴き方_f0098083_11310365.jpg


1997年ウイーンで録音、小澤征爾61歳

何かすごく正統派というか、聴きやすい。すっと入ってくる。


見事に全部、違いますね。


# by jiro307 | 2020-06-18 11:36 | オーディオ | Comments(2)

スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス (UHD)

Hiviを読んだ翌日、うんと安くなっていたスカイウォーカー・サーガの中古品を発見。

思い切って、入手しました。


でかい、でかいと騒がれていたけど、届いてみると思ったよりコンパクトなBOX

外箱の角つぶれが安くなっている理由だったけど、ほんのわずかなもの。

気になる中身もディスクも含めてとても綺麗で、一安心。


スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス (UHD)_f0098083_12400695.jpg


さあ、どのエピソードから視聴すべきか。画質向上著しいとされる episode 4か?

と、10秒ほど悩んで、episode 1を選択。


理由は2つあります。


劇場公開時、丁度シネコンに嵌っていた頃で、スターウォーズ新三部作に対する世の中の熱狂とともに劇場で観た経験(オリジナル3部作公開当時は、全く興味がなかった)。


もう一つは、2000年末頃だったか、Yさんのお招きで初めて体験したホームシアターで、上映されたのが本作だったこと。当時のYさん邸はSONYのドルフィンと言われる3管プロジェクターと4:3画角の120インチスチュアート、そしてスピーカーが9本(だったかな?)という環境。凄いサラウンド効果で、とにかくぶっ飛んでしまったという強烈な経験。


以上より、ファントムメナスは自分にとってのスターウォーズの原体験であり、ホームシアターの原体験なのです。


スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス (UHD)_f0098083_12395278.jpg


その映像は、4Kらしい解像度を感じるシーンも多少はあるものの、概ね解像度は甘めで、時にはDVD以下かと思う程甘いシーンも。しかし全体的にはフィルムライクな滑らかな映像で、好印象です。


音はすごい。定番のボッドレース、そしてダースモールとの対決シーン。空気が揺れます。

マランツAV8802Aでの鑑賞。堪能しました。



# by jiro307 | 2020-06-14 12:46 | 映像系 | Comments(0)

街ぶら

週末、久しぶりに図書館へ。

貸出期間が2週間から3週間に、貸出枚数上限もCDなら5枚が10枚までと増量されて、蜜を避ける対応となってました。


いつもここで読むのがHiVi。定期で買わなくなって久しい。

UHDBOXセットが話題のスターウォーズの特集号。フィルムからスキャンするEpisode 46が最もクオリティアップがはっきりしているよう。過去のLDwowow放送、BDと今回のUHDを比較する企画もあり、結果は分かっていてもこういうのは読んでいて楽しい。



街ぶら_f0098083_11084474.jpg



バックナンバーなら貸出可能であることに気づいて、1年半前の2冊を借りました。

丁度BS4K/8Kが始まったころの記事で、今読むと自分には丁度良い興味深い内容です。



街ぶら_f0098083_11083540.jpg



イオンモール岡山にも用事あり、あちこち観察。


街ぶら_f0098083_11082654.jpg


シネコンが旧作ばかりで驚き。「シンゴジラ」「君の名は」は理解できるが、「コマンドー」や「逆襲のシャア」までとは。



# by jiro307 | 2020-06-10 14:04 | その他 | Comments(0)

Marantz AV8802A vs. Integra RESEARCH RDC-7.1 

今を遡ること1年半前。

Yさんのご厚意でAVプリアンプのマランツAV8802Aがわが家へやってきました。映像出力に訳ありということでの格安譲渡、でも当方は音声しか使わないので問題なし。


Marantz AV8802A vs. Integra RESEARCH RDC-7.1 _f0098083_06582970.jpg


Yさんの意図は、多分ドルビーアトモスへの誘いだったと思いますがその期待には今なお応えられておりません。


Marantz AV8802A vs. Integra RESEARCH RDC-7.1 _f0098083_06584464.jpg


さて、AV8802A 20156月発売。もちろん、今時の音声規格に一通り対応。当方のメインAVプリのインテグラリサーチRDC7.1200411月発売、もはや古典的モデル。


Marantz AV8802A vs. Integra RESEARCH RDC-7.1 _f0098083_06585815.jpg


背面の端子数は大きく違います。

AV8802Aは重さ13.6㎏、RDC-7.120.7㎏。物量的には圧倒的にインテグラ有利。


Marantz AV8802A vs. Integra RESEARCH RDC-7.1 _f0098083_06591160.jpg


さあ、対決。

MisiaとセリーヌディオンのライブBDで音質比較。送り出しはoppo UDP-205


結果は、RDC7.1(アナログマルチ)>AV8802A(アナログマルチ)>>AV8802AHDMI) でした。


AV8802A、どうしても「AVアンプの音」。RDC-7.1はオーディオの音がする、流石。


しかしながら一方で、サラウンドの繋がりや音場感、空間表現はAV8802Aが明らかに一枚上手。さらに、8Kチューナーは8802Aへ音声専用HDMIを接続した場合のみマルチch音声が出力可能。HDMI音声分離機を手持ちのものから最新のものまで取り寄せて、色々試したけどダメでした。


結果、今はAVプリの二台使い体制。凄い音を聞きたいときはRDC-7.1BS8Kをマルチchサラウンドで聞きたいときは8802Aと使い分けています。ただ、背面に回ってラインケーブルを6本付け替える手間が必要なのが玉に瑕、ですが。


# by jiro307 | 2020-06-07 07:11 | オーディオ | Comments(2)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31