ブログトップ | ログイン

次郎物語

<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東急シアターオーブ「雨に唄えば」 4/23マチネ

4月の観劇ツアー、最後はアダムクーパー主演の「雨に唄えば」です。遠征前に久しぶりに映画を鑑賞して記憶補完。本国オリジナルキャストで、英語上演の字幕付きという設定ですが果たして?

f0098083_7543269.jpg


さて、初めての東急シアターオーブ。
渋谷駅直結にして、渋谷ヒカリエの上層階に存在します。
ロビーはガラス張りの、物凄く高さのある吹き抜け空間です。
f0098083_7561147.jpg

渋谷の風景が良く見えます。
f0098083_7571296.jpg

スパークリングワインとバーガーのセットが販売されてました。うーん、お洒落。
f0098083_7573984.jpg

手荷物の預かり証も、これまたお洒落。
f0098083_7582834.jpg

グッズ売り場にはアダムの直筆サイン入りの傘が。
f0098083_7545985.jpg
パンフレットだけ、買いました。

さて、今回の席は2階。しかも、最後列の端っこ。

f0098083_7592181.jpg

うう、遠い・・・
f0098083_802071.jpg

チケット取りに走ったのが遅かったから致し方ないですが、最悪なのはこれでもS席。
1階最前列と同じ価格。幾らなんでも、おかしいのでは?

f0098083_811666.jpg

ほとんど10倍双眼鏡での鑑賞となりました。このミュージカルの売りは、舞台に雨が降ること。セットの天井から盛大に雨が降って来て、映画史に残る名シーンが再現されます。そして、床にたまった水たまりを、お客さんに向かって蹴り飛ばす!お客さんは予め雨合羽が配られていて、出来るだけ濡れないようになっていますが、このアトラクション的演出で舞台付近のお客さんはキャーキャー大興奮です。

幕間ではスタッフが一生懸命水の掃除。
f0098083_814980.jpg

そしてフィナーレで再び水飛ばしの演出。
席による感動が天と地ほど違いますねえ。この2階席最後列と最前列が同じ価格なんて、ほとんど犯罪級、ひどすぎますなあ。

最後のシーンでは動画、静止画とも撮影OKのお知らせ。ライブでも海外アーティストは撮影OK多いですが、こういうのは嬉しいサービスです。日本でもぜひ真似して欲しいところ。

「雨に唄えば」総括・・・内容は素晴らしく、観て後悔はなし。
しかし、観劇において席は超重要との思いを新たにしたSINGIN’ IN THE RAINでした。

最後に、後日取り寄せたCD。
f0098083_12274357.jpg

f0098083_12211099.jpg

映画版のサントラと違い音質も良く、こちらは満足度高いです。
by jiro307 | 2017-06-27 13:30 | ライブ | Comments(2)

帝国劇場ミュージカル「王家の紋章」 4/22 ソワレ

翌日、まさかの3回目。理由は、大変な良席が手に入ってしまったから。
もう乗りかかった船、イケイケどんどんです。

夜の部だったので、観劇前にぶらりと、2日前に開業したばかりのGINZA SIXへ。
f0098083_7422731.jpg

凄い人。印象的だったのは、草間彌生のカボチャのバルーン、豪華絢爛なエレベーター、さらには屋上庭園と、上層階のお洒落な飲食店の数々。
f0098083_7432514.jpg

そして何といっても地下2階の食品フロア。従来のデパ地下とは一線を画すビジュアルインパクト。行列の無い店舗をみつけて辛うじてお土産購入しました。
f0098083_7435471.jpg
パティスリーパブロフのパウンドケーキ。

そして夜。目の前がオーケストラピット!
f0098083_7481025.jpg


手に入ってしまったのは、最前列、センターブロックなのです。
f0098083_746513.jpg


視界一杯に広がる、舞台の光景(幕前です)。
f0098083_7484745.jpg

最高の席でした。見える世界がまるで違う。役者の表情も良く分かるし、マイクオフのセリフもばっちり聴こえる。そして、オーケストラピット。タクトが上がって、音楽が鳴る、という視覚的効果も相まって、臨場感が半端ありませんでした。

この日のキャストは、元AKBの宮澤佐江さんと、声優の宮野真守さん(前2回は新妻聖子さんと平方元基さん)。宮澤さんは、ネットでの評判が目を覆いたくなる程悲惨なものでしたが、実際はそれほど悪いとは思いませんでした(悪く言われる理由は理解できました。そして、新妻聖子さんの素晴らしさも改めて理解できました)。しかし、何といっても素晴らしかったのは、濱田めぐみさん。演技、歌唱とも圧倒的。正直、しびれました。

初回から評価が180度引っくり返った「王家の紋章」観劇。やはり席の違いは、大きい。
by jiro307 | 2017-06-20 08:02 | ライブ | Comments(0)

帝国劇場ミュージカル「王家の紋章」 4/21 マチネ

翌週、所用で2週連続の東京。懲りずに再度「王家の紋章」に挑戦です。
f0098083_824652.jpg

落ち着いて売店を見回すと、アルコール類もあるのですね。ちょっと意外。
f0098083_83325.jpg
無論、飲む気は全くなし。

今回は、1階席。
f0098083_16133673.jpg

座って、舞台へ体を向けると、目の前は前の人の背中、ではなくて通路。ほぼ何も遮るものがないというのびのび環境で、予想以上の良席でした。

風景はこんな感じ(幕前です)。
f0098083_844355.jpg
2階席で上から覗き込む視線と比べると、水平目線になって臨場感も段違い。ほとんど肉眼で鑑賞できる距離で、細かく表情などを見たい時だけ10倍拡大鏡を併用しました。間近で見ることで、舞台装置もなかなか豪華であることが判明。

初回はイマイチかなあと思っていた楽曲も、印象が好転。どうやら前の日からオケの指揮者が交替したそうで、間の取り方など色々改善されていました。指揮者が変わるだけで随分変わるものですね。前の指揮者は、来る大作レミゼラブルの練習のほうへ行ったのだとか。

歌については、ちょい役の筈の山口祐一郎さん、サブの筈の濱田めぐみさん、そしてメインキャストの新妻聖子さんの順に良い印象で、心に残りました。山口祐一郎さんは、かつてレミゼラブルで一度のどを潰してしまったそうですが、高音域ではかなり声量を絞っているものの、圧倒的なバリトンに格の違いを感じました。

カーテンコール3回目は、文句なしのスタンディングオベーション。前回よりも客席の熱気が明らかに高い。あとでネットを見てみると、「初日から何回か見てるけど、昨日のマチネは、全キャスト、オケ、全てにおいて神回だった!」みたいな声が続々。どうやら席を始め、色々なものに恵まれたようでした。

夜は、超奮発して南青山で回らないお寿司(普段はスシローですが)。
f0098083_1651699.jpg

折角のお寿司も、なぜか同行したメンバーと真剣人生相談モードになって、味わうことに集中できず、無念・・・
by jiro307 | 2017-06-13 16:57 | ライブ | Comments(0)

モモンガ邸で音楽ファンミーティング

4月中旬のことですが、オーディオルーム第二期工事完了の報を受け、Yさんと一緒にモモンガ邸を訪問させて頂きました。

f0098083_1123459.jpg
前回は半分程度だった床の張り替えが、部屋全面に。側面のエコカラットもエリア拡大?

早速聴かせて頂くと、響きが大幅に増え、前回のcool sound から大変身していて驚きました。聞けば、部屋のリニューアルに伴いSPセッティングを大きく見直したとのこと(内振りから平行法になっています)。視聴位置も大分下がっています。床鳴りは前回と比べさらに減少していました。

リフォーム大成功ですね、とお祝いの言葉を贈ると、この後さらに第三期工事の予定!とのこと。
讃岐の暴走機関車の異名に偽りなし、です。

この日かかった主なCD達。
f0098083_1127624.jpg

f0098083_11271785.jpg

f0098083_11272932.jpg

f0098083_11274822.jpg

f0098083_1128269.jpg

しかしこの日は、Yさんの主導でオーディオマニア的世界は早々に封印。
ボリュームを少し下げ、BGM的に音楽を流しながらの音楽ファントークに花が咲く形となりました。


香川県には敏腕プロモーターが複数人いて、全国的にもライブが超充実の県となっている、とか

サンポートホールの音響が素晴らしくて、アーティストたちのお気に入りになっている、とか

レ・ミゼラブルのエポニーヌ役の永遠のNo.1は島田歌穂で、次が本田美奈子だ、とか

ミュージカルの世界では、新妻聖子さんは意外と・・・とか

とにかく濃い話がどんどん出て来ます。

先日購入したフジコヘミングの会場限定ライブCDを聴きながらの会話では、さすがにここまで独特だと、まるで別の曲に聴こえるね!と驚きつつも、Yさんはミスタッチは許容するフジコ擁護派。一方モモンガさんは、クラシックの世界においてプロがミスタッチするなんて問題外、という正統派(?)でした。

プロジェクターがいつの間にか4KのVPL-VW500に入れ替わっていたので、最後にお願いして映像タイムに。ご友人から格安で譲ってもらったそうですが、初期不良対応で中身は新品同様なのだとか。SPの位置変更で映像投射のケラレが大幅に減少、HDプロジェクターとは一線を画す、高精細でとても美しい映像を堪能できました。うちではスクリーンサイズを欲張り過ぎて、この精細感はありません。プロジェクターが視聴位置の上に来るのですが、稼働音もとても静かでした。

19時半から始まったミーティングも、気がつけば深夜23時過ぎ。
とても楽しく、あっという間の4時間でした。

モモンガさん、夜分遅くまで失礼しました。そして、Yさん共々有難うございました。
by jiro307 | 2017-06-02 11:44 | オーディオoff会 | Comments(4)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30