ブログトップ | ログイン

次郎物語

<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

氷の世界

今朝の岡山、屋外は氷点下3℃。
幸い雪は降っていないものの、さすがに寒い。

今日は、スタッフの病欠により急遽外勤を取りやめ、実家のカバーに入っています。
なので、仕事の合間に、オーディオ。

ミーティングの影響を受け、図書館でお借りしました。
f0098083_1302064.jpg

井上陽水にそもそも関心がなく、ほとんど聞いた記憶がない。
本アルバムは、1973年の発売。井上陽水3枚目のアルバム。
発売から2年後の8月に日本レコード史上初のLP販売100万枚突破の金字塔を打ち立てた。
借りたのは、放送禁止用語の使用により「自己嫌悪」が削除された盤だった。
聴いてみると、「心もよう」の他は知らない曲ばかり。
自分の知っている陽水とは、ちょっと声が違う(透明感があり、高域が伸びる)。

・・・てな背景ですが、実際に視聴して盛ると、表題曲の「氷の世界」を始め印象的な曲が多い。
音質も悪くないし、良いアルバムですね。
f0098083_1352247.jpg

歌詞カードも味があります。
by jiro307 | 2017-01-24 14:03 | オーディオ | Comments(8)

第九を聴く

先日のYさん邸で、ふと話がベートーベンの「第九」に。
合唱のところ以外、ちゃんと聞いたことがある?と問われ、通しで聴いたことは多分ないなあ、とにかくクラシックは“サビ”に至るまでの時間が長くて退屈で・・・なんて話をしてました。

これがオーケストラのコンサートに行くと、間近で演奏を見てるだけで相当面白いんだよ、とYさん。

なるほど、そういう見方もあるのか。

CDの容量が74分なのも、「第九」が収まるように、と決まったものなんだよ、とYさん。

うむ、そういえば昔そんな話を聞いたような…

で、何の因果か丁度その時図書館で借りていたのが第九のCD。
f0098083_13243149.jpg
ウイーンフィル×バーンスタイン。
恒例の年末のコンサートが正月明けてから脳裏に浮かび、ちょっくら聴いてみようと手に取ったのでした(この時点ではまだ聞いて無い)。
早速、翌日オーディオルームで“通し”で聴いてみると・・・
何これいいじゃん、全然退屈しないぞ(クラシックのファンからは怒られそう^^;)。

で、ソフト棚を探してみると、ありました!第九の入ったアナログレコード。
f0098083_13274473.jpg
実はコレ、2年程前にある人の所蔵品をごっそり譲ってもらった中の1枚。
当初は、もらってみたもののクラシックばっかりでちょっと残念に思っていたものですが・・・

f0098083_13283474.jpg
ステレオ版です。

相当古いもの(1970年前後かな?)ですが、取り出してみると盤そのものはとても綺麗だったので、乾式クリーナーでさっとひとふきして再生。が、案の定スクラッチノイズがひどい。それならば、とKuni式・水の激落ち君クリーニングを敢行。やや手抜きの5分間クリーニングにもかかわらず、ノイズはばっちり8割減。改めて聴いてみて、驚きました。見事です、非常に聴きごたえがあります。とても50年前のレコードとは思えません。

調べてみると、この盤はカラヤンの60年代の有名な全集なんですね。
折角なので、第九だけでなく全作聴きこんでいきたいと思います。
by jiro307 | 2017-01-22 13:55 | オーディオ | Comments(0)

Yさん邸で、寒夜の激熱ミーティング

所用があって、高松のYさんのオーディオルームへお邪魔してきました。
今回は、オーディオとはやや趣旨の違う集まりでしたので、音楽はBGM程度。
f0098083_21573943.jpg

oppoのプレーヤーなど一部機器が入れ替わっています。
白っぽいシルバーのoppo(左上から2段目)はなかなかに格好いいですが、今回出番なし。
f0098083_21595276.jpg

お話が一段落し、登場してきたのは、DVDソフト。
再生するのは、クラッセのDVD用ミニモニター付きCDプレーヤー。ちょっと不思議な、とても面白いプレーヤーです。奏者は、世界のトップドラマー500人の1人に選ばれたこともある、ドラムの手数姫、先月メジャーデビューしたばかりの川口千里さん。自分はその存在を知りませんでしたが、小さい頃から注目されていた現役女子大生プレーヤーなんですね。
f0098083_2211856.jpg

香川にライブに来た時の興味深いエピソードなど話がどんどん盛り上がります。

引き続き、話題はミュージカルに。Yさんはミュージカル歴25年とのことですが、ミュージカルにかける情熱が半端じゃないのです。Yさんの自己分析によると、実際にミュージカルを見に行っている観客の中でも、Yさんと同レベルで鑑賞している人は全体の5%程度だろうとのこと。話を聞くと納得です。ここまで来ると、観る側のプロ、とでもいうべきでしょうか。そのミュージカル愛の深さにただただ驚くばかりです。

その後、話はサイモンフィリップス(これは自分も知ってる)、続いてマイケルシェンカー(全く知らない)へと移り、最後に上原ひろみがいかに素晴らしいか、同じ時代に生きているこの幸せをかみしめよう、となりました。

その後再びオーディオへ。元々、フォークとロックの人なのよというYさん。私がロクに知らない井上陽水、SACDマルチソフトを用いた謎々コーナーや、4台あるCDPによる音質比較など行うことに。やはりソースによって向き不向きがあって、井上陽水は、あまりHiFi過ぎない方がいいようですね。

あと、話は仕事や人生にまで及び、17時半から始まったミーティングは終わってみると22時半。お互いに予想を超える、5時間と長丁場の年始の会となりました。

ミュージカルを始め、深い深い音楽ファンとしての姿に、今回も大いに刺激・勉強になりました。
Yさん、ありがとうございました。
by jiro307 | 2017-01-19 23:00 | オーディオ訪問記 | Comments(2)

窓落ち再び

昨年7月に後席の相次ぐ窓落ちに見舞われた、13年目を迎えた我が307CC。昨年末、高松で仕事納めの後、さて帰ろうと駐車場のゲートで窓を下げたその時、小さな異音が。これはヤバイ、まさか例の奴?とマジ冷や汗。何しろここは県外、そしてほぼ真冬かつこれから夜。万が一窓落ちしたら、とてもじゃないが寒くて瀬戸大橋は渡れない。プジョーのディーラーも既に年末年始の休業突入済み。祈るような気持ちで何とかパワーウインドウスイッチをアップ、途中で一端下がるという有りえない動作をしながらなんとか閉まった!ほっと安堵、そして以後絶対パワーウインドウのスイッチには触らない、と胸に誓い、岡山へと帰途に着いたのでした。

そして、1月5日の営業開始を待ってプジョーに連絡。あちらさんは説明後も半信半疑の様子。代車が用意できるのを待って、週末に持ち込み、担当の前で窓を動作させると、やはりわずかな異音と上げるときの誤動作が再現、納得の上無事入庫となりました。

こんな季節に窓落ちされたらかなわん、と助手席側もやってもらおうかとも考えましたが、両方やると12万円程かかりますよ、と言われ思いとどまることに。

さて、修理の間にお借りしたのは同世代の5ドアハッチバック版307.既に10万km走破してて、担当者から壊れてるのかと思うくらい出足悪いですから、と説明を受けていましたが、これが307CCの加速感とよく似てて、何の掻痒もない(笑)。さらに、家族を乗せてみると、後席にドアがあって乗り込みやすい、そして広い、何これいいじゃん、あれ売ってこの車に買い換えようよ!とマサカの大絶賛でちょっぴりへこみました。でも確かにこの旧307シリーズは、CCに限らず歴代プジョーの中で最も売れた大人気モデルで、今でもファンが多いんですよね。CC以外に自身初めて乗ってみて、ネコ足と称されるその乗り味に今更ながら納得したのでした。勿論自分にとっては、貴重な4座のラテン系電動オープン、CCがサイコーです。

さて、翌日夕方に修理完了の連絡あり、2日後に引き取り。担当者の話では、分解してみるとやっぱり肝心の部品が割れていて、釣り上げるワイヤーもおかしくなっていたそうです。ホラね!修理代は、フロント右ウインドーレギュレーター交換 技術料15000円、部品代24200円、交換部品破棄処理費500円、消費税3170円、値引き70円で42800円。事前のお知らせより安く済んで、気分良し。

洗車してもらって、久しぶりにピカピカの307CC。
f0098083_21375465.jpg


ショールームの最新車種を眺めながら担当と雑談。今はRCZも無くなり、プジョーの取扱いにクーペが一切なくなって、jiroさんにお勧めできる車はありません、jiroさんの307CCは驚く程程度が良いので、このまま大切に乗ってくださいね、とオーナー心をくすぐるセリフを頂き、さらに気分を良くして帰宅したのでした。
f0098083_21382245.jpg

以前よりは距離を乗るようになり、走行距離も45000kmを超えました。窓落ちも左前を除き概ね一巡して当面安泰かと思ったら、ネットを除くと窓落ち3週目、とか右前4回左前2回の猛者とか色んなパターンがあり、全く安穏とは出来ないようです。

ま、これも道楽の内ですね。
by jiro307 | 2017-01-12 22:35 | 自動車 | Comments(2)

運転免許更新

6年前に痛恨の免停事件があったため、今回3年で更新の時期が到来。
昨日岡山運転免許センターへ行ってきました。1年前にも進入禁止に突入してしまう軽微な違反あり、今回は60分の一般講習です。

1月最初の日曜日ということで、混雑必至と考え7時過ぎに家を出発、約30分で免許センターへ到着。7時35分受付へ並びました。受け付け開始は8時ですが、すでに先客が50~60人。
f0098083_17575248.jpg

自分が並んだ後にあっという間に後ろに100人程の行列が。職員さんの配慮により15分早めて7時45分受付開始、後は流れ作業で、9時からの講義にスムーズにエントリーして8時5分教室着席。1時間弱、ノートPC+ポケットwifiで時間をつぶし、9時から講習。120~130人程で教室は一杯。
f0098083_17594731.jpg

途中で恒例の性格テスト。
f0098083_1811822.jpg

自己中心的で強引、事故・違反を起こしやすいから気をつけなさい、という安定かつ納得の結果。
はい、気をつけます。

10時に講習終了。すぐに1階の受付で出来上がった免許証を受け取りました。青色、5年有効。スムーズに免許センターを脱出、10時40分に無事帰宅。あとはまったり家族と過ごした3連休中日でした。
by jiro307 | 2017-01-09 18:32 | マイライフ | Comments(0)

音始め&仕事始め2017

お正月3日間は実家で。今年は暖かく天気も概ね快晴。

アマゾンで取り寄せたラケットとネットで子供とバドミントン。日ごろ使わない筋肉をフル稼働したのか、以後はお尻、足、肩と痛いところだらけ。

この3日間は子供とべったりで、オーディオタイムはごく短時間。
最初に聴いたのは、某所で紹介されていたショパンのピアノ。
f0098083_22371922.jpg
Chopin: Preludes Hybrid SACD, SACD, Import
SACDではなくCD面の視聴ですが、色んな音が入っていてとてもオーディオ的で〇でした。


初詣では、歩いてすぐのご近所の無人神社へ。拝殿の前に青空市場風にお守りやおみくじが置いてあるのも例年通り。我らの他、前後の参拝客は3人のみという清々しい風景。今年のおみくじは吉でした。


そして1月4日、高松で仕事始め。昼食は少し歩いて「さか枝」へ。こちらは、パリの日本観光ガイド本にも載っているという、国際的有名店。いつもの「小天」(かけうどん小180円と天ぷら90円、合計270円)で初うどんです。こちらのうどん、麺自体は大したことないけれど、だしと薬味(ネギ、ゴマ、生姜)と三位一体で織りなすハーモニーが最高なのです。さあ、今年も頑張ろう。
by jiro307 | 2017-01-06 22:42 | マイライフ | Comments(2)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31