<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

BEHRINGER TRUTH B2030P

次に試したのは、同じくブックシェルフ。
amazonで新品ペア5000円で投げ売られている、と一瞬だけ話題になったBEHRINGER TRUTH B2030Pです。

f0098083_144105.jpg

TV視聴システムで聴いた当初の印象は、モニターらしくフラットで、かつ細かな音が良く出ている、というもの。
がその後、ほとんど使用する機会もなく眠っていました。

この度メインルームで、D-200Ⅱと同じ条件での接続です。
いざ聴いてみると、ビックリするほど高域が伸びず、音像が全然上へあがらず小さく貧相に固まっています。
ムムム、と思いながら我慢して数時間鳴らしていると、多少上も伸び始めてまあまあな感じに。

ジャズなんかは相性が良いようで、サイズを超えた中低域の押し出し感も相まって、
中々いけるじゃん、という好評価に転じて行きました。

しかし、女性ボーカルものを掛けた途端、一発アウト。
なんじゃこら?なガサツな音色で、これは聞くに堪えない・・・
コスパは抜群ですが、さすがに使用状況を選ぶSPであると感じました。

しかし、サイズの小さなSPを思いっきり鳴らすのは、車で言うなら小型スポーツカーを振り回して走るような面白さがあると感じたのでした。

さらに200ZAや4338も同じようにメインで鳴らしてみたらどうだい、という示唆を頂いた正にその時、
ウイルソン修理完了の連絡が届いたのでした。
by jiro307 | 2016-08-26 14:20 | オーディオ | Comments(0)

D-200II Liverpool もう一回

で、今度はファインチューニングを謳うD-200Ⅱを別の出品者から入手しました。

検証すると、今度はノイズも出ず、安心して音楽を聴くことが出来ました。
しかも、すーっと爽やかに伸びる高域に加えて、前回のものより明らかに低域の量感があります。
全体としてバランスの取れた好ましい音質になっていました。
前回よりも一回り価格は高かったのですが、送料入れて約2万円の出費です。

以後、ステラメロディ、DS-200ZAと交代しながら、TV視聴部屋のメインSPとして1年弱活用してきました。

この度オーディオルームのウイルソン不在中、試しにD-200Ⅱを設置することにしました。
上流システムは全てそのまま、SPケーブルは接続端子の関係でモンスターです。

f0098083_74898.jpg
WATTを失い、ジャンパーケーブルがヒョロリと伸びたPAPPY(ウーハー部)が悲しくも滑稽・・・

f0098083_7482487.jpg

これが予想以上の大健闘。
音像のスケール感こそウイルソンより一回り、二回り小さくなるものの、高らかに伸びる高域と、弾むような小気味良い中低域。
音楽視聴がとても楽しいのです。

何というか、嬉しい誤算。
おそらく石井式の低域ブースト効果が小型ブックシェルフのハンデを上手く補っているのでしょう。

しばらくご無沙汰していたアナログ盤をとっかえひっかえして視聴するなど、新鮮な気持ちでウイルソン不在を楽しむことが出来たのでした。
by jiro307 | 2016-08-16 12:00 | オーディオ | Comments(4)

ONKYO D-200II Liverpool

1年ほど前に、高域フェチ倶楽部会長のAMIEさんから勧められて入手したのがONKYO D-200II です。

推薦の言葉は、すっきりと延びた清涼感のある高域が出ますよ、カーボンウーハーの低域はスッカスカですが、というものでした。
f0098083_2237261.jpg


オークションでしっかりした整備を謳ったものを購入しました。

最初の印象は、えらいシャリシャリの高域と、200ZA以上にスカスカな、無きに等しい低域。
ラジカセみたい?これはどうしたものか、と思いながら、ボリュームをぐいっと上げると良い方向へ豹変しました。低音量では音痩せが著しく、真価を発揮できないのかもしれません。

ところが、調子よくいつものデモディスクを聞き続けると、なぜかジャシンタの moon river の3分から5分のところで、ビビリ音のようなバリバリしたノイズが発生します。
テクニクスのプリメインでの駆動だったのですが、200ZAやステラメロディに付け替えて聴くと発生しません。

次に左右別に音だししてみましたが、左右ともノイズが出ます。
トーンコントロールでbass max, treble min, にしても出ますし、その逆でも出ます。
そして、その他の曲ではほとんど出ない・・・

その後、アンプをM-508に替えてもノイズが出現。
その状態でプレーヤーを替えたらさらに盛大に出ました。

本体のどこかが金属的な共振・共鳴を起こしているのか?
liverpoorのプレートが浮いているのかと思いましたがそうではありませんでした。
ツイーター、ウーハーともあちこち押さえながら確認しましたがノイズは収まりません。

どこか内部のパーツなのかな?と思いましたが、
いずれにせよこれでは駄目だわ、と残念ながら返品となったのでした。
by jiro307 | 2016-08-11 22:28 | オーディオ | Comments(2)

8歳になりました。


by jiro307
プロフィールを見る
画像一覧