ブログトップ | ログイン

次郎物語

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

平安神宮 紅しだれコンサート その2

ウクレレの音に誘われるまま、本殿を抜けて東神苑へ。
こちらは桜はちょっと控えめになりますが、大きな池を取り囲むように通路があり、大勢の観客が池の方を見ています。

f0098083_23344558.jpg


皆の視線の先、池の中央にライトアップされたステージがありました。

f0098083_2335497.jpg

f0098083_23422713.jpg


今日の奏者は、若干23歳の世界的ウクレレプレーヤー、名渡山遼さん。
曲によって、ピアノの伴奏も入って来ます。

とにかく、自分の中のウクレレのイメージがひっくり返りました。スローな曲を、しっとりと、情緒豊かに弾き上げます。
ハワイの楽器であるウクレレですが、名渡山さんのウクレレは実は京都産なのだそうです。

音響もS/N良好で、静寂の中にウクレレとピアノの音が綺麗に響き渡ります。

休憩を挟んで2部構成のコンサート、1部と2部で全て違う曲を用意しているとのことで、
うんと後ろ髪を引かれましたが、時間切れで2部を待たずに退出しました。

出口でCDの販売ブースがあり、名渡山さんがCD購入者にサインをしていました。
「jiroさんへ」と書いてもらって、サイン入りのCDゲットです。

f0098083_23432667.jpg



とにかく、過去に経験したことの無い、夜桜と音楽の織りなす最高の癒しコンサート体験でした。

f0098083_2343212.jpg

f0098083_23431255.jpg

by jiro307 | 2016-04-12 23:30 | オーディオ | Comments(2)

平安神宮 紅しだれコンサート

先週末、所用で京都へ行ってきました。
個人的に今年は桜も通りがかりに眺める程度で、期待の京都もすでにソメイヨシノは葉桜状態と残念な展開。

日中の用事を終え、夜の予定までのつなぎの時間。ぶらぶら散歩がてら八坂神社を経て平安神宮へ。
何やらイベントをやっているようです。
f0098083_22491849.jpg


平安神宮は通常17時で閉門、桜のライトアップはしていないのですが、
例年このコンサートイベントだけは夜桜ライトアップが実現するとのこと。
通常600円の入園料が、コンサートということで2000円(前売りは1700円)。

時間は演奏開始直前、次の予定まで1時間弱というタイトなスケジュールでとてもとても迷いました。
いったんはスルーを決め込んで歩き過ぎましたが、ふと脳内で “旅先でケチってはいけない” との神の声が。
くるりと踵を返して、思い切って入場することにしました。

f0098083_2353126.jpg

順路にそって進むと、まずはコンサート会場と反対側の南神苑へ。



驚きました。

f0098083_22501674.jpg


しだれ桜は満開。そしてライトアップとの相乗効果が凄いことになっています。

f0098083_22485838.jpg

f0098083_22495012.jpg

f0098083_2250447.jpg

f0098083_23153251.jpg

f0098083_22503436.jpg


全方位360°、全身でさくらの癒し効果を感じます。そして、遠くから静かにウクレレの音が流れてきます。
なんということでしょう。これは初めての体験です・・・
by jiro307 | 2016-04-11 23:09 | オーディオ | Comments(0)

岡山市立図書館

昨日からBS11で放送中の “大都会 闘いの日々” に突如嵌っている jiro です。

それはさておき、1か月程前に、姫ズに促されて初めて市立図書館を訪れました。
さすがの蔵書量に少々驚きました。市民税払ってますから、これは使わないと損ですね。

大喜びで本を選ぶ姫ズを尻目に本命のAVコーナーへ赴くと・・・

f0098083_22242289.jpg

噂には聞いていましたが、CDの品ぞろえは中々のもの。特にクラシックとジャズは充実してます。
映像系は、さすがにブルーレイはなくて、DVDとVHSのみでした。

書物は冊数制限なし、CDと映像は5枚ずつが上限で2週間借りることが出来ます。
わざわざこのために足を運ぶのではなく、ルーティンワークである他用のついでに立ち寄れるというのがミソ。

f0098083_22291927.jpg

結局、CDは馴染のあるポップス中心に借りていました。
映像は、若き日のマルタ・アルゲリッチと小澤征爾が共演した1983年のDVDをお借りしました。

ジャズとクラシックは、こちらを頼って勉強していくのが良さそうです。
by jiro307 | 2016-04-06 22:35 | オーディオ | Comments(0)

アルゲリッチ 私こそ、音楽!@wowow

今回のwowow契約の目当ては、「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」。
アルゲリッチの娘が監督したというドキュメンタリー映画です。日本における別府音楽祭の模様も少し出ます。

美貌、3度の結婚と離婚、それぞれに娘あり、そして類稀な才能を持つピアニスト。
映像を通してその言動を見る限り、やはり天才と呼ばれる人種でしょう。

長女がピアノをやりたいと訴えるも、父親が
「同じ楽器は駄目だ、絶対に母親を超えることは出来ない」
と説得したというくだりが一番印象的でした。
「アマデウス」のサリエリの悲哀を彷彿とさせます。

最初はメインスクリーンで見ましたが、ホームビデオ+α程度の粗い画質とwowow特有の大きな字幕もあってすぐに断念。
その後は自室の40インチ液晶で見ましたが、そちらの方が遥かに快適に視聴出来ました。

f0098083_14112183.jpg

それにしても、プロジェクターのランプタイムを見ると、約450時間。
最初の1年で約300時間だったのが、次の1年で約150時間と半減。
最近では、映画よりも圧倒的にオーディオに時間を割くようになっています。
by jiro307 | 2016-04-03 14:17 | 映像系 | Comments(4)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31