ブログトップ | ログイン

次郎物語

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

電源ケーブル 根岸に始まり・・・

実はこれまで、電源ケーブルを交換して音の変化を楽しむ、というオーディオ遊びの王道(?)にあまり積極的ではなく、エキスパートの方々に言われるがままに付け替えして、なるほどそうか、と思う程度でありました。

この度、偶々古い根岸の電源ケーブルを見つけ、7年程前のものだというので、これはひょっとしてRYO師匠推薦のあのケーブル?、と思い入手してみたところ・・・
4年程前に入手した手持ちのダメZAC1と全く外観が同じ(爆)。

シナジーにつけてみると、一聴して聴くに堪えないガサツな音。
気のせいかと思い(思いたかった)、通電したまま週末を挟んで3日後に再試聴。
やっぱり同じで、ボーカルの口は大きくなるは、音色は荒っぽくなるは・・・これは悲惨。
かつてJBL4338メインの時代にRYO師匠にダメ出しを喰らった時と全く同じ現象です。
ジェフローランドの美味しい所が死んでいる とはよく言ったものです。

10年以上前のものじゃないとZAC1はダメなのかもしれませんね。

他に使いどころがあるかいな、と多目的部屋のTV録画番組視聴用のBDプレーヤーに標準ケーブルから付け替えてみると・・・
見事に高域が出なくなりました。普遍的なハイ落ちケーブルということですね。

ということで、AMIEさんに促されてパーツ一式仕入れていた電源ケーブル自作に半年遅れで取り掛かりました。
線材は、ベルデンの19364、プラグはパナのWF5018K(オス)とIeGO Ti-2000G 8055(メス)です。
AMIEさんが実演してくれた時に、ああ、これなら自分でも簡単に出来る出来る、と思ってましたが・・・
f0098083_18434855.jpg

ミルトヤルデハオオチガイ (>_<)

外さなくても良いパーツまで外してしまったり、ネジ締めが緩くて簡単に抜けてしまったり悪戦苦闘。
f0098083_18534045.jpg
オーディオルームの暗い照明では細かい所が見えにくいし。

頭を冷やして、日付をまたいで、陽光のもとようやく完成しました。
f0098083_1856653.jpg


改めてBDプレーヤーにつけてみると、一聴して音場のステージの広がりが違い、高域も伸びていて、見違えるように芯のある元気なサウンドになりました。これには正直驚きました。

ハンダも不要の、初歩の初歩の作業なんだと思いますが、完遂出来るとやはり嬉しい。トコトンばらしてしまったゆえに構造的に理解できたこともあり、次からは大分省力化できそうです。
何か新しい目覚めの気分です。オーディオ道として、順番を間違えているという指摘はご容赦を・・・(甘受しますが)。
by jiro307 | 2015-12-20 19:08 | オーディオ | Comments(5)

平日の緊急オフ会@yaataman邸 その2

オーディオ関係の電源は、24時間入れっぱなしというyaatamanさん。
トランスはちょっと、唸っています。

音の出し始めは、上品な、大人しい出音の印象。
しかし2,3曲も聴いていると、徐々に音が生き生きとして来て、前へ前へと出てくる感じに変化しました。
RYOさんとAMIEさんが噛んでいるだけあって、音の鮮度は中々のものです。
f0098083_23511334.jpg

聴く音楽のジャンルは、7割以上がジャズで、あとはクラシックというyaatamanさん。
色々聴かせてもらうと、音色としてはやや荒々しく、正直S/Nはもう一つなんですが、逆にこの荒々しさ、ちょっとナローで枯れたような音色が、ジャズには実にぴったり合っているのです。ナローといっても、上から下までしっかりレンジは出ていると思いますので、あくまで音色の印象です。また、定位は曖昧で、ボーカルの口が結構大きくなってしまうのは、SP間隔が相当広いことと、ホーン型の特質なんでしょうね。ただ、RYO師匠の調整したSP設置位置から、掃除の度にガタゴト動いてしまったそうですから、SP位置の再調整でこの辺りはもう少し向上する可能性はあるのかも。

あと、最初の視聴位置だと、定在波の影響だと思いますが低域が響きすぎて、主旋律が埋もれてしまうような、音が濁ってしまう感覚を覚えました。視聴位置を1m弱前へずらすと大分改善。ただこれは、Yaatamanさんは中音量派のようなんですが、私がyaatamanさんが驚くくらいボリューム上げていたせい、というのもありそうで、単なる言いがかり?^^;

と、ここでトラブル。YAMAHA PC2002Mは調子がもう一つのようで、途中で片chからノイズが盛大に発生してしまい、元々のCROWN PS-400へ戻すことになりました。
すると、低域が一気にスケールダウン。で結局、yaatamanさんが大丈夫な方のchのみYAMAHAに戻すという変則接続を試みます。これが案外違和感なく聴けて、驚きました。片chだけなのに空気を支配する強靭な低域を呈するとは、このパワーアンプ、侮れない。
f0098083_23492841.jpg


その後は、映像系に移行。
RYO師匠から嫁入りしたDLPプロジェクターと立ち上げ式スクリーンは、普段は収納、必要時登場とのこと。お子様方が帰省された時に、それで映画を見ると大好評で、父親の株が大いに上がったそうです。
f0098083_23495413.jpg

今回は、プロジェクターは端折って、液晶TVで色々鑑賞。すると、これまたシステムとソースのマッチング良好!オーディオの時に感じたネガが全然目立たなくなって、システムの魅力度が一回りアップです。

ソニーのレコーダーにぎっしり音楽番組が録画されていました。そのほとんどは、Eテレのクラシック番組。オーケストラの演奏を見せてもらうと、これがスケール感があって実にいい感じです。ベルリオーズ幻想交響曲なんかいいよ、とお勧めを教えてもらいました。お陰様で自分では滅多に観ないはずのクラシック番組に大いに興味が出て来たのでした。

何のことはない、結局、yaatamanさんのシステムは、yaatamanさんの視聴環境、視聴ソースにばっちり最適化された好システムなのでした。

f0098083_23465129.jpg

この日、一番のお気に入りになったディスクは奇しくもグレースマーヤのLast Live at DUG。
松山のクリスマスライブ、皆さん楽しみですね。いいなあ。

そうして都合3時間を超えた平日緊急オフ会は午後11時過ぎに終了。車で宿まで送って頂きました。Yaatamanさん、ありがとうございました。
by jiro307 | 2015-12-08 00:04 | オーディオoff会 | Comments(2)

平日の緊急オフ会@yaataman邸

先週のお話。
美音倶楽部の同志、yaatamanさんからグレードアップした今の音を聴いて欲しい!と前日に急なお誘いがあり、早速平日の火曜日にお邪魔してきました。

なぜ急に?と思いましたが、どうやらこの日は奥様が不在らしい・・・
なるほど、気兼ねなくオーディオ遊びが出来る、ということだな!(完全なる自分の妄想です)

お互いの仕事が終わった後にyaatamanさんにピックアップしてもらい、午後8時からオフ会スタート。
yaatamanさんのところへ赴くのはこれが2回目。前回はRYO師匠のクリニック同行でしたね。
今から1年半も前になります。

お部屋に入ると、少々変化が。
f0098083_234497.jpg


前回は2wayでしたが、中高域を受け持つスコーカーが2426H+2370AからJBL2445J+2380Aへスケールアップして復活。
f0098083_8452023.jpg

f0098083_8454412.jpg


ツイーターはAMIEさん推薦のJBL2405に加えて、フォスのFT96Hも吊り下げ設置で復活。
f0098083_17131231.jpg


上流機器に大きな変化はなし・・・ と思いきや。
f0098083_1765728.jpg


PCの下にゲゲゲ?
f0098083_1784670.jpg


こっちにも。
あ、プリアンプがこのThreshold SL-10に変わってたんだった(汗)
f0098083_17124423.jpg


これらのインシュにはS/Nが良くなる効果があったそうで、類似品?を安く調達してトランスなどに敷いてありました。
f0098083_17142877.jpg


ラックの裏には、高額そうなゲゲゲの電源タップもありました。
これも効果が大きかったそうで、その場で行商?の方からお買い上げだったそうです。

新兵器としては、Accuphase C-280L。RYO師匠直伝の技で、ゴージャスにフォノイコのみ使用。
f0098083_1730538.jpg


15インチフルレンジユニットのJBL D130を駆動するパワーアンプに、最近入手したというYAMAHA PC2002M。
f0098083_17341178.jpg

業務用ですが、先達の評価も高く・・・聖地松山では至る所で見かけますよね。

さあ、音出しです。
by jiro307 | 2015-12-04 17:37 | オーディオoff会 | Comments(2)

9歳になりました。