<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジュラシックワールド3D@イオンシネマ岡山

お盆3日間はずっと実家。
半期に一度の総窓ふきや、お墓掃除、といった滅多にやらない数々のタスクをこなす多忙な(?)日々でした。

その間隙をぬって、ジュラシックパーク3部作を鑑賞。
かつて新宿プラザ劇場で見た衝撃のジュラシックパーク第一作。
そして、DVDで何度も堪能したDTSの音響。
しかしながら、当オーディオルームで本作を見るのは初めてでした。
というか折角のブルーレイ、買うだけ買って、見るのは初めてだったかもしれませんw

自分的にはもともと、以下の作品評価。

ジュラシックパーク ◎
ロストワールド 〇
ジュラシックパークⅢ △~×

今回改めて通しで鑑賞して、その評価は不動と感じました。
何より、この大作をホームシアターでゆったりと鑑賞できることは、幸せですね。

さて、気分が高まったこともあり、平日の仕事帰りのレイトショー、終了時刻は24時過ぎ、という厳しい条件ながら、逡巡した後に衝動的に話題のジュラシックワールドを飛び込み鑑賞してきました。

新しくできたイオン岡山のイオンシネマですが、昨年12月のオープンイベントでちらっとデモ映像を見て以来。
映画作品の鑑賞は、遅まきながら初めてです。

ウルティラというIMAXを意識した天地方向に高い大スクリーンのScreen07での鑑賞です。
かぶりつき大好きな自分でも、前から3列目はちょっと前過ぎたかも。
でも、ステージエリアが広く取ってあり、観にくいという程でもありません。

f0098083_22303650.jpg


映画としての評価は、自分的には途中までは100点満点!
劇中で、ジュラシックワールドで働くスタッフがジュラシックパークは僕らにとってレジェンドだからね!とリスペクトを表明するシーンがありますが、本映画を作ったスタッフが第一作を凄くリスペクトしていることを表しているようで、とても好ましい。終盤、突っ込みどころはそれなりに出てきますが、とても良くできたエンターテイメントで大満足でした。

映像は、実写の3Dということで、残念ながらその効果が生きるのはほんの数シーン。
でも、この3Dメガネ、パッシブのくせになかなか出来が良い。3Dも着実に進化していますね。

音響は、遠くから響くようなセリフの出方がもう一つ。大きな映画館の限界かな?
まあこれで自分的にはイオンシネマ岡山のこけら落とし完了。
通勤途中ですし、隙あらばまた一人レイトショーに来てみましょう。

f0098083_22384466.jpg

by jiro307 | 2015-08-24 22:54 | 映像系 | Comments(0)

Technics SU-V5A

またしても、手が滑りました。

f0098083_16351784.jpg

f0098083_16353254.jpg

Technics SU-V5Aです。

AMIEさんのところで、こちらの評判が良かったこと
そして、RYO師匠のところで、こちらの上位モデルの音を聴いて、感銘を受けたこと
小型SPを鳴らすなら、プリメインであることには明確な優位性がある! と聞いてのことです。

御両人のところと同じ音は出ない、とわかってはいたのですが、ついつい・・・
私自身初となる、石井伸一郎先生のTechnicsですしね(^^♪

SPケーブルの接続が、裸線を、入れてねじるみたいな特殊な感じ。
DIATONE DS-200ZAを鳴らすと、爽やかに伸びる中高域で、案外悪くありません。

昔懐かしいラウドネスボタンは、TV録画もののAAC音声にそれらしく厚みを加えてくれます。

そして、トーンコントロール。
これで高域と低域の調整が無段階で出来るので、簡単に音のバランスを調整できるのが良いですね。

充実した中域でちょっと癖の強いステラメロディを繋いでみると・・・
f0098083_17184093.jpg

f0098083_1719689.jpg

低域を少し減らして、高域を強めることで、個人的に自然に感じる音になりました。これは朗報!

リモコンがないのは不便ですが、これ、なかなかいいですよ ♪

購入時期:6月中旬 7月上旬
入手価格:3500円程(送料別)
by jiro307 | 2015-08-09 17:28 | オーディオ | Comments(0)

21年ぶりの大阪城ホール

大阪遠征の本来の目的です(^_^;)

新日本プロレスが、実に21年ぶりに大阪城ホールで開催するビッグマッチ!
超満員札止め。入場ゲート脇の、予想外に良い席でした。

来てくれる人のオーディオ期待値に配慮して、写真だけ掲載します。

f0098083_0245346.jpg

f0098083_0251145.jpg

f0098083_07865.jpg

f0098083_965499.jpg

f0098083_07256.jpg

f0098083_085079.jpg

f0098083_0261552.jpg

f0098083_092971.jpg

f0098083_027582.jpg

f0098083_0304850.jpg

f0098083_0324184.jpg

f0098083_033943.jpg

f0098083_0333379.jpg

f0098083_0111825.jpg

f0098083_0114857.jpg

f0098083_0121534.jpg

f0098083_0124412.jpg

f0098083_0133581.jpg

f0098083_014328.jpg

f0098083_0143183.jpg

f0098083_015442.jpg

f0098083_021746.jpg

f0098083_0153494.jpg

f0098083_016356.jpg


プロレスも一級のエンターテイメントに成長したことを改めて実感。
大いに満足した大阪城ホール大会でした。 (^^♪
by jiro307 | 2015-08-06 13:00 | マイライフ | Comments(0)

強烈隠し玉! S本邸訪問 その3

マンションの1階にS本さんの経営する美容室があるのですが、そちらにとんでもないものが置いてありました。
お客さんもいる、正に営業中の店内へ案内して頂くと・・・


え?
f0098083_23412679.jpg

え?
f0098083_2342271.jpg

ええ~!?
f0098083_23454598.jpg

お店のど真ん中に、超巨大ホーンスピーカーが鎮座しています。
Western Electric 13A という、1920年頃にハリウッドの映画館で使用されていた世界最大のホーンスピーカーなのだそうです。
そして実はこれ、オリジナルではなくてS本さんがご自身で製作したレプリカモデルなのです。しかも、オリジナルと全く同じ木材を用いた、完全レプリカなのだとか。

f0098083_23432929.jpg

営業中ですので、音の方はBGMとして小さく流れるところを一瞬聴いただけ。美容業界の定休日である月曜日だけが、WE13Aがその本領を発揮できる日なのでした。残念ながら一般の仕事をしている限り、このホーンの音を聴くチャンスはなさそうです・・・

そして、美容室の奥には、なんと秘密の工作室がありました。
f0098083_2344264.jpg

f0098083_23444792.jpg

とても美容室の店舗内とは思えません(笑)。しかもなんともう一台作成中! 
f0098083_234617100.jpg

時代的にモノラル用途の筈のスピーカーですが、まさかのステレオ使用?
(それはないない、とは高圧真空管さんの弁)

店内にはその他にも気になる小物が・・・
f0098083_23504515.jpg

f0098083_2351116.jpg


恐るべし!S本さん。色々過去の写真を見せてもらうと、S本さんは通り一遍のオーディオの狂気の世界は経験済みのようで、現在のリビングオーディオは束の間の戦士の休息、といった感じでした。宇和島でジャズ喫茶店を開いた暁には、この世界最大ホーンが唸りを上げるのでしょうか?(スペース的に無理無理、とは高圧真空管さんの弁です^^;)。

15時過ぎたところでタイムアップ。S本邸を後にし、桃山台駅まで車で送って頂いて、高圧真空管さんともお別れしました。

高圧真空管さん、S本さん、有難うございました。
by jiro307 | 2015-08-03 23:52 | オーディオ訪問記 | Comments(0)

8歳になりました。


by jiro307
プロフィールを見る
画像一覧