ブログトップ | ログイン

次郎物語

<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

美音倶楽部オーディオ遠征 in 高知2014  絶品カツオと露天風呂

11時に須崎市道の駅に到着して再び休憩。
ここでは豪快にカツオの藁焼きをやってました。
f0098083_21442477.jpg
f0098083_21444947.jpg
f0098083_21451514.jpg
試食すると、とても香ばしい。


変なお土産も売ってました。
余りのインパクトについつい購入したのはカツオ人間ラーメン215円(まだ味は未確認)。
f0098083_21463491.jpg

その他四万十のりや、カツオのたたきポテトチップなど複数点を購入。
後々、これらのお土産が家庭の平和維持に貢献するので侮れません。


その後、昼食のために車で移動し久礼大正町市場へ。私にとっては3~4年ぶり2回目の訪問です。
その時ここで食べたかつおの刺身が、全く臭みがなくまるでデザートのような澄み切った味わいで感動した記憶があります。
f0098083_21501354.jpg
f0098083_2152835.jpg
f0098083_21514485.jpg
f0098083_21525886.jpg

高知名物うつぼのから揚げなども売っています。
買ったお惣菜も、各食事処に持ち込み可となっているようです。


今回昼食を頂くのは、前回入ったのと同じお店、浜ちゃんです。
f0098083_21531780.jpg

店内にはサイン色紙がずらり。
f0098083_21534985.jpg
f0098083_21541115.jpg
ラッシャー板前やまいうーのがありました。あとは良く分かりません。


今回は、カツオのたたき定食を頂きました。
こちらでは焼きの香ばしさはやや控えめで、鮮度の良い戻りカツオの味そのものが楽しめるようになっていました。
f0098083_2155214.jpg
やはり感動の美味しさでした。


食後に散歩すると、大正を謳うだけあって、とてもレトロな街並みです。
f0098083_2231596.jpg


海岸沿いを歩くと、この日の湾内は全く波が立たない静かな海でした。
津波対策の重厚な鉄製ゲートなどを見て回りました。


続いて、一風呂浴びようとのことで、すぐ近くの黒潮本陣に。
f0098083_223405.jpg
f0098083_224270.jpg

立ち寄り湯(大人600円、必要に応じバスタオル400円orハンドタオル200円)に入りました。


(写真は施設のHPより抜粋、イメージです)
f0098083_22181047.jpg


露天風呂は海水をくみ上げて沸かした汐湯なので、とてもとてもしょっぱいです。
しかし、海を眺めながらの露天風呂はもう格別です。


AMIEさんが、カツオを食べてお風呂に入って、もう十分高知を満喫したから帰る!といったというのも頷けます。


しかし美音倶楽部の高知遠征はここからがスタートなのでした。
by jiro307 | 2014-11-30 22:24 | オーディオ訪問記 | Comments(2)

美音倶楽部オーディオ遠征 in 高知2014  藤岡、珈琲

RYO師匠と一緒に11月23日(日):勤労感謝の日と、24日(月):振替休日の2日間、高知県へオーディオ遠征に出立しました。

23日は私朝5時に起床、6時前に自宅を出発。
f0098083_22214525.jpg

8時過ぎにRYO師匠宅に到着。師匠の車で国道33号を南下していきます。
f0098083_2232016.jpg

途中で久万高原の道の駅「天空の郷さんさん」で休憩。
この日は好天にも恵まれ、絶好のドライブ日和でした。
f0098083_2241756.jpg
f0098083_2244317.jpg

さすが久万高原町。標高が高いせいか、山が薄く雲をまとっています。


ここは元仮面ライダー1号の藤岡弘の出身地のようで、「藤岡、珈琲」というコーヒー豆が売ってました。
同じくコーヒー党の私、お土産に購入。
f0098083_223433.jpg

300gで2000円とデパート並の高い値付けですが、後日飲んでみたところ、とても美味しくてびっくりしました。
深煎りで甘みがあり、自分の好みの味です。闘う男のサバイバル珈琲、侮れず。


その後、さらに33号線を南下して、仁淀川沿いを走ります。
風景が縦長になり、紅葉と相まってダイナミックな景観が続きます。
次なる目的地は、須崎市です。
f0098083_2273691.jpg

by jiro307 | 2014-11-29 22:22 | オーディオ訪問記 | Comments(2)

VPL-VW1000ES アップグレード

遅まきながら、4KプロジェクターVPL-VW1000ESのVW1100ES相当への有償アップグレードを完了しました。
アップグレードの内容は以下の通りで、ネイティブ4Kへの完全対応が主たる内容です。

 1.HDMIバージョン2.0準拠の4K/60p※信号伝送対応
 ※ 水平3,840×垂直2,160画素(59.94/60Hz)YCbCr  4:2:0 8bit、水平4,096×垂直2,160画素(59.94/60Hz)YCbCr  4:2:0 8bit
 2.「“Mastered in 4K”」モードへの対応

受け付けは今年1月末からスタートしていましたが、個人的にリアル4Kへの渇望感は小さいもので、コンテンツもないしMastered in 4K モードも評判がイマイチだし、2Kアップコンバートのクオリティに満足していることから先延ばしとなっていました。しかし、丁度購入から1年を迎え、スカパーなどで4Kの試験放送が開始されたこともあり、来年3月末の申し込み期限まで余裕を持って今のうちに、ということで重い腰を上げました。知る限りみんなやってる、というのも背中を押す無視できない要因(笑)。ちなみに代金は税込108000円とそれなりに高額です。


10月末に指定のソニーの窓口に電話すると、元気なお兄ちゃんが対応してくれましたが、当アップグレードだけの窓口ではないようで、5分以上待たされた後に、1週間後引き取りとの案内を頂きました。

f0098083_22252983.jpg
アップグレード前の写真。
1年で大体300時間の使用です。このペースだとあと3,4年はランプ交換大丈夫かな?(もう交換ランプは手元にありますが)。


もう一つの躊躇していた理由が、プロジェクターの上げ下ろし。
先日設置のお手伝いをしたクオリア004の40㎏に対し丁度半分の20㎏ですが、床から2.5mの設置台から降ろすので、うっかり手が滑ろうものなら、準コンクリート級の固い床が確実にプロジェクターを再起不能にするでしょう。さらに、このプロジェクターの設置台へのアクセスには7尺の脚立がいる、ということで調達していたハセガワの脚立に乗ってみると、自分も転落したら結構やばい、もし打ち所が悪ければ・・・、という想像を働かせるに十分な高さです。


f0098083_22314395.jpg
結局、思案した挙句、普通の丈の脚立を併用し、父親と二人で向い合せによじ昇って、設置台から高い脚立の天板へ、さらに低い脚立の天板へ、と順を追って慎重に降ろすことで無事成功しました。


引き取り当日は日通航空のおじさん一人で回収に来て、使いまわしの専用箱に入れてサービスセンターのある千葉まで旅立っていきました。
4日後に作業完了の連絡があり、その2日後に同じ日通航空で帰還となりました。
f0098083_22294865.jpg


この時に代金をお支払い。
同日、父親と二人で降ろした時の逆の工程で無事設置台へ戻すことが出来ました。
f0098083_22304442.jpg
絵が出てほっと一安心。
電話申し込みから丁度2週間で終わりましたが、この機体の上げ下ろしは何度もはやりたくないというのが正直なところ。


f0098083_22303152.jpg
帰還後の写真。型番が1100ESとなり、シリアルが9999999に。

あとは4Kコンテンツを用意するのみですが、スカパー!プレミアムの環境整備と4Kチューナーについて、現在調査中です。
by jiro307 | 2014-11-16 23:00 | 映像系 | Comments(4)

9歳になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30