ブログトップ | ログイン

次郎物語

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いらん買い物シリーズ② ~リヤ用パワーアンプ~

次に、手頃なパワーアンプを探しました。
手持ちのS-Y7をリヤにまわでば、4.0chサラウンドになるな~、と考えてのことです。

f0098083_144554.jpg

マランツ SM-17SA ステレオパワーアンプです。これもオークションで入手しました。

正直、リアスピーカーが鳴るならなんでも良いかな、と思って深く考えずに(情報も集めずに)ポチってます。
手持ちの4mの白くてほっそいスピーカーケーブルで接続。ちゃんと音が出たので、満足、満足(笑)。

M-508と付け替えて、音質の評価でもしようかとも思いましたが、面倒くさくてそのままです・・・
by jiro307 | 2011-04-28 01:58 | オーディオ | Comments(4)

いらん買い物シリーズ① ~オーディオラック~

スピーカー到着後から始まった、余計なお買い物の数々を少しずつ晒すコーナー、といったところです。

3月初頭に来たのが、オーディオラック。
f0098083_188815.jpg

f0098083_1882927.jpg



ADKこと朝日木材加工の堅牢なAVラック SD-3123RO です。
オークションで入手。ワンオーナーで、使用期間は2年半から3年とのこと。結構、美品でお安く入手できました。

こうなります。
f0098083_18132263.jpg



で、音の鮮度(立体感?)が下がったような・・・
スピーカーの間に余計なものは無いほうが良いというのは、真実っぽい(笑)。
いずれ、落ち着いたらサイドへ移動させましょう。
by jiro307 | 2011-04-24 18:16 | オーディオ | Comments(0)

スピーカーセッティング

先週から感染症のアウトブレイクで一家全滅の憂き目にあってました(自分だけ無事)。

さて、“1mmずれても出なくなる音”、“mm単位のスピーカーセッティング”とはいかに?
そんな大袈裟な、という感覚はRYOさんちの音を聴いて大分吹っ飛びましたが、まだまだ現実感がありません。
というか、どうすればいいのかよう分からん状態。

でも、色々スピーカーの位置をいじっていると、ちょっと内ぶりにした途端にぐっと音像が濃密になって、まじで感動。これはやはり、きちんとした位置あわせが必要なのだな、と実感いたしました。

で、こんな本を見つけました。
「リスニングオーディオ攻略本」
f0098083_18225279.jpg


スピーカーセッティングのHow Toが分かりやすく説明してあります。
これで、基本のキからお勉強です。

しかし、裏地にポリプロピレンシートを貼ったスピーカーボードのおかげで動かしやすいのは間違いないですが(ていうかこれがないと無理)、60kg超のスピーカーを頻繁に動かすのって、やっぱり大変です(笑)。
by jiro307 | 2011-04-21 18:31 | オーディオ | Comments(0)

午後の部 6時限目(映像の時間)

ちょっと更新が遅くなりましたが、松山オーディオ学校@RYOさん家 最終回です。

最後に映像、シアター系です。プロジェクターは、天つりしてあるマランツのVP-13S1 という720pのDLPプロジェクターです。スペック的には我が家のシャープZ3000と同じカテゴリーですが、発売時の定価が3倍以上、100万超だったと記憶しています。ラックの移動時に容赦なくガンガンとぶつかっていましたが・・・

ここでAVセンターのIntegra RESEARCH RDC-7.1 がごそごそと登場し、カチャカチャと接続。前面プレートが電動で開くのがかっこいい。これまた“奇跡的に”(本人談)一発で絵と音が出ました。スクリーンは立ち上げ式80インチワイド。送り出しはPS3ですが、隣室から5mの細くて頼りない光ケーブルを経由しての音声でした。でも、音全然悪くないです。良いです、と表現しないのは、映像系ではどうしても映像に脳が向いてしまうのと、2chの3D的な音像を味わった直後なので・・・
その絵ですが、近接視聴とあいまって80インチでもなかなか良い感じです。高級機だけあってレインボーノイズも全く気になりません。部屋全体の壁を濃い紺色に塗ってあるため、迷光対策もばっちりで、ほぼ暗黒環境です。これが専用室の強みですね。DLPの濃厚な絵は、720Pであってもやっぱり良い。

ここで次世代音声について問うと、RYOさんいわく、不要!ドルビーとDTSで十分いい音を出せる、と自信満々に言い放ちます。そしてこの言葉は、その後、自分のなかで結構重要な意味を持つようになります。

また、最近電源系が無性に気になっていたので聞いてみると、コンセントは普通の松下のものだよ、と。後から情報集めながら考えましたが、コンセントで変な色付けされたくない、という意味でしょうか。でも安心しました。良かった、オークションで変な買い物をしなくて・・・

さて、映像編のまとめ。
① AとVの両立を目指すなら、スクリーンサイズはせいぜい100インチにとどめるべし。
② 低い位置の方が大きく見えるため、立ち上げ式はお薦め。
③ 達人は雑誌など読まない。評価軸としての自分の目と耳を頼りにする。
④ 電源コンセントは、松下で十分。

そのほか、大型バイクの「隼」を見せてもらったり、お父様と雨を眺めながら震災の話をしたり、HELIXのカーオーディオを聴かせてもらったりと盛りだくさんの一日でした。RYOさん、お世話になりました。
by jiro307 | 2011-04-03 18:53 | オーディオoff会 | Comments(2)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30