<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

横浜遠征 その2

f0098083_21453983.jpg


学会会場は横浜パシフィコです。これはランドマークタワー。この日は風が強かったー。

午後に何とか自分の発表を終え、同僚の発表のサポートや様々なシンポジウムなどを見て回っていました。この手の学会ではBOSEのCDコンポが売り込みに来ていることが多いのですが、今回は違いました。

f0098083_2150428.jpg

f0098083_21513882.jpg


ガレージメーカー?初めて目にする会社ですが、嬉々として売り込みに来ていました。フライングモールのデジタルアンプと相性が良いそうで、アンプとスピーカーペアのセットで約21万円とのことでした。同価格帯の既製品には楽勝です、とアピールしておりましたが、開かれた空間でのデモということもあってか特に心魅かれる部分はありませんでした。まあ脳内の比較対照がすっかりハイエンドクラスになっちゃってますから。



約4000人が集まった今学会。夜は学会主催の結構豪華な懇親会が用意されていました。この辺は主催者の腕の見せ所、真価が問われる部分ともいえましょう。

f0098083_21593457.jpg

f0098083_220491.jpg


安くはない参加費の分だけ元をとらねば、と思ったかどうかはさておき、純粋にとっても美味しかったです。かなり満足。というか、単に首都圏横浜と地方都市高松の(ホテルの)レベルの違いを見せ付けられただけかもー との声も上がっておりました。



この時点でみな腹七部の状態。余力を残して再び中華街へ繰り出したのでした(つづく)。
by jiro307 | 2007-02-28 22:05 | マイライフ | Comments(0)

横浜遠征 その1

昨日まで3泊4日で横浜出張でした。かなーりばたばたしました。
今日もあおりを食って、ばったばたでした。ちょっと控えなければいけませんね。


f0098083_23344379.jpg


22日はほぼ仕事をフルにしてから高松を出発。横浜のホテルへチェックインしたらすでに22時過ぎておりましたが、ためらうことなく中華街へgo!

メジャーなお店はほとんど看板でしたが、お目当てのお店は開いておりました。良かった。これが2回目の訪問です。

f0098083_23372777.jpg


水餃子、これで1人前です。中には韮がたっぷり。つけるたれがココナッツの実を使った甘辛いもので、相性抜群です。

f0098083_2339094.jpg


ハチノスと青菜の炒め。高松ではハチノスを使う中華料理店は全然ありません。とろっとろで大変美味しい。

f0098083_2340224.jpg


これがここの目玉。海老の胡椒炒めです。これが頭からすべてぱりぱりいけて、ビールがぐいぐいすすみます。他では見たことない絶品です。

f0098083_23414575.jpg


これ、なんだか分かるでしょうか・・・



なんと、アヒルの舌なのです。以前から興味があって、念願のオーダーですが、不思議な食感でした。ちょっと勇気が必要です。

f0098083_234311100.jpg


頑張ってもう一品。周りのテーブルがみんな頼んでいました。浅蜊の炒めです。これが予想をはるかに超えるばか美味だったりします。

f0098083_23482144.jpg


横浜中華街へお越しの際は是非ここへ!



今日は夜遅いこともあって、ここで打ち止め。ホテルで明日の学会に備えました(つづく)。
by jiro307 | 2007-02-26 23:48 | | Comments(0)

フライトプラン wowow

ジョディフォスターは大好きな女優さんの一人です。『羊たちの沈黙』のクラリス役があまりにも有名ですが、『コンタクト』も負けず劣らずの記憶に残る名作でした。

過去に深い心の傷を負いながらも、強く立ち回る女性、信念を曲げない女性というキャラクターがまさにぴったりです。久しぶりのジョディということで、宣伝の巧みさだけですごく期待して鑑賞しました。



f0098083_2182251.jpg




第一印象は、ジョディ、年取ったなー、でした。まあ、そりゃそうですよね。

肝心の内容は、ご都合主義の安っぽい商業映画でした。リアリティがあまりにも乏しく、ジョディの熱演も浮きまくり。がっかりでした。

最新の作品らしく、音と映像は上質で特に言うことはありません。

がんばれ、ジョディ。
by jiro307 | 2007-02-23 02:28 | 映像系 | Comments(0)

衝撃的事実

実家に帰って、ひとつショックを受けたことがありました。
スーツで帰ったもので、早速普段着を探したのですが、なかなかズボンがありません。
ようやく学生時代のジーパンを発見。

で。



ボタンが全くしまらん。。。のでした。



頭ではそうだろーなー と分かっていても、いざ現実を目の当たりにすると易々とは気持ちが治まりませぬ。
これは帰ったら早速食事療法だ!と近年にない強い思いを抱きました。

で。



f0098083_23455832.jpg


母親に持たされた手土産です。
しゃぶしゃぶとなりました。さっそく食べてどうするんや・・・
by jiro307 | 2007-02-20 23:49 | マイライフ | Comments(2)

I went country home.

昨日、今日と出張ついでに岡山の実家に帰ってきました。
先月の帰省時にはそうではなかったのに、いきなり地上デジタル放送にアップグレードしていてびっくりしました。どうやらケーブルテレビ会社(oni ビジョン)がようやく重い腰を上げたようです。
32型ブラウン管(アナログハイビジョンモニター)なので、劇的な変化ではありませんが、やっぱり綺麗。まあハイビジョンですから当然ですが、ちょっと先を越された気分です。

ついでに家のがたがたなPC環境のてこ入れを開始。メイン機であるデスクトップが動かなくなり、PC不得手な家族はお手上げ状態となっていました。

まずはサブ機であるノートPCをネット接続可能にし、ついでにウイルス対策ソフトをインストールします。ここまでの作業をoni ビジョンから派遣されたスタッフは、出来ません とのたまった挙句、8000円の手数料を握っていったらしいです。素人の俺が出来る作業が出来んで、金とんな!って。

次いで、動かなくなったデスクトップPCを販売店のパソコン工房へ持ち込み見てもらいました。うんともすんともいわないんです、と説明すると手際よく中をあけて配線をいじり、これは電源の劣化です、交換したら直りますよと即座に回答。約10分で新しい電源ボックスに付け替えて作業完了、手数料込み7800円。oni ビジョンよ、良く聞け、これがプロというものでしょーが。。。

というわけで、気分すっきり高松へ帰ってきました。
夕食は、東国原ブームにのって宮崎地鶏の『らく楽』(サティ横)へ行きました。オープン当初に行ったっきりで、約2年ぶりでしょうか。

肝刺し、棒々鶏サラダ、骨付き炭火焼をオーダー。

f0098083_2245796.jpg


これが骨付き炭火焼です。2人で食べて丁度のボリュームで、すっごく美味しい。
最後はこの鉄板に残った油を使ったチャーハン。スパイシーでこれまた美味でした。
飲まなかったこともあり、2人で2900円。以前行ったときより随分好印象になっており、またの訪問を強く心に誓ったのでした。
by jiro307 | 2007-02-18 22:08 | | Comments(4)

松山

出張で松山へ行っておりました。
2泊以上で滞在するのは、初めてです。

前々からそうではないかと思ってはいましたが、実際松山は高松より都会でした。
普通に入った居酒屋で、

f0098083_14342857.jpg


こんな透き通ったイカが出てきたり。



f0098083_1437502.jpg


ラーメンがめちゃ美味だったり。



f0098083_14361034.jpg


会場も、なかなかでかい。5000人以上の出席者をゆうゆう丸呑みとは。



f0098083_14411430.jpg


最後は、かば君に会ってきました。
また行きたいですね。
by jiro307 | 2007-02-11 14:42 | マイライフ | Comments(0)

今完成しつつある物語

ここに来て、三越の新しいドームが、急ピッチで建設されています。

f0098083_1174269.jpg

f0098083_1135287.jpg


しかし、三越の職員に聞いたところ、リニューアル効果は最初の3日間だけだそうです。
なんとせつない。

こちらは、レストラン・ミクニ がいつオープンするのかがちょっときがかりです。
by jiro307 | 2007-02-06 01:15 | マイライフ | Comments(0)

ワイン狂想曲

なんか、今ワインにはまっています。
ウンチクを習得しつつあることが一つ、元々ワインが好きなことが一つ、ネットでのお買い物が好きなことが一つ、ですね。


で、今週のお届け物。


f0098083_2264158.jpg


なんか、一時のDVDコレクションを彷彿とさせる勢いで買ってます。
今回の目玉は、右から3番目。パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー2004。約6000円。フランスの5大シャトーであるマルゴーのセカンドラベルです。ちなみにファーストラベルはお値段が3万円前後なので、全く手が出ませんし、おそらくその価値も今の私では理解できないことでしょう。何年も何十年も飲み頃を待ってセラーで寝かすというのも現実味がありませんし、すぐ飲んでもOKのセカンドラベルはエントリークラスの自分には丁度良い試金石となるでしょう。



f0098083_2213633.jpg

さて今週は、この世界では新大陸ワインと言われるオーストラリアから、シャプティエ・ドメーヌ・トゥルノン・マウント・ベンソン・シラーズ2003(約2000円)を頂きました。しかしこれが、まるでトマトジュースのような香りで、シラーズというブドウの特性なのか、酸味が強くどうも自分にはもうひとつです。



f0098083_22153443.jpg


コルクがボロボロに砕けたせいかなあ・・・まさかブショネ(コルクの変質によってワインにダメージを与えているもの)???
by jiro307 | 2007-02-04 22:18 | ワイン | Comments(2)

8歳になりました。


by jiro307
プロフィールを見る
画像一覧