<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

VPL-VW50

さらに出ました!
f0098083_138275.jpg

今度は反射型液晶のフルHDプロジェクター。

f0098083_1401018.jpg

VW100の廉価モデルですね。

定価735,000円。噂によると、予約価格は50万円台半ばとのこと。
22dBの静音設計と投射距離はVW100といっしょ。ランプは高額で消費電力の高いキセノンから普通のUHPランプへ。
100VWより優位なのは、明るさ800→900ルーメンと、1080p入力への対応でしょうか。

f0098083_1393156.jpg

こちらはうしろ姿。
三菱のものより優れていると思われるデザインは・・・ガメラみたい。

今後、20万円前後のエントリークラスと、50万円前後のミドルクラスがプロジェクターの主力となりそうです。
by jiro307 | 2006-08-31 01:35 | 映像系 | Comments(0)

花火

f0098083_1040768.jpg

f0098083_10402476.jpg

たーまやー

f0098083_10404260.jpg

f0098083_104111.jpg

花火の写真はなかなか難しいです。

f0098083_1042789.jpg

実はこれ、秋田県大曲市の花火大会。NHK-Hiでの昨夜のオンエアでございます。

f0098083_1042353.jpg

ゲストは小野まゆみさんでした。

今回は80回の記念大会で、花火職人が腕を競う競技大会だそうです。昨年も11HTでプロジェクター鑑賞を試みたのですが、コントラスト、黒浮きの問題でTVで見たほうが断然きれいと嫁さんに言い放たれていました。

ところがZ3000では黒が沈み白が伸び、TVモニターと遜色のない美しさ。大画面と5.1chの臨場感で結構満喫できました。

f0098083_10481356.jpg

ちゅどーん。こちらはスターウォーズエピソードⅥ。

f0098083_10492252.jpg

クリステンセンにちゃっかり差し替えてあるラストシーンまで初めて鑑賞しました。
ところでBS fanをみると、9月はwowowでのスターウォーズオンエアは一切ないのね。エピソードⅠをチェックし損ねました・・・10月をじっと待ちましょう。
by jiro307 | 2006-08-27 10:52 | 映像系 | Comments(2)

フルHD液晶プロジェクター HC5000(三菱)

これは真打登場か(何の?)。10月12日発売だそうです。
f0098083_20102567.jpg


ポイントは・・・

①価格。実売45万円らしい。ビクターやソニーの先行組みが100~200万ゾーンであることを考えると、いやはや価格破壊の流れはまだまだ続いていることを実感させられます。

②コントラスト比はオートアイリス利用時10,000:1はどうでもよいとして、ネイティブコントラストは2,000:1。輝度も1,000ルーメン。もはや十分のような気がします。ちなみにZ3000はコントラスト最大6500:1で輝度最大1200ルーメンですが、いつもはコントラストは中、明るさは低での使用です。

③上下75%、左右5%の電動レンズシフト機能を搭載し、120インチ相当での投射距離3.8~6.0mと設置し易さも高得点。Z3000では3.6~4.2mですのでリプレイス範囲内か・・・。

④驚異的な静音設計でランプ低モード時19dBを達成。Z3000はうるさいことが最大の欠点で平時33dB、静音モードで30dBなので、全く比較になりません。

⑤液晶であるためレインボーノイズは無縁。これで黒浮きさえ許容内ならば言うことなし。

f0098083_2035287.jpg

裏面を見ると、コンポーネント入力が1系統しかない。今のご時世、我が家の2系統(HVとDVD)とも直接接続できる点はZ3000が唯一リード。

久しぶりのサプライズ製品です。しかもエプソン製D6世代パネル搭載。ということは、今後各社からこのパネルを搭載したライバル機種がぞくぞく登場の予感。価格もがんがん下がりそう。プロジェクターの世界もフルHDが一般化する流れが急速に進んで行くと考えて良いでしょう。

場合によっちゃあ Z3000が短命に終る可能性も あり・・・?
by jiro307 | 2006-08-23 20:37 | 映像系 | Comments(0)

DVDプレーヤー

RYOさんからお借りしていたPanasonicのS97ですが、そのまま引取りの話もあったのですが結局返却と相成りました。

理由は、
①高画質をもってしても、DVDソフトを見る機会はやはり少ないこと。HDDに撮りだめているHVコンテンツの消化も追いつかない現状では、いたしかたない所です。
②HDMIケーブルの10mクラスを新たに引き回す必要があること。天井裏に今から這わすのは敷居が高すぎるし、部屋の中をこれ以上コードが這いずり回るのもリビングシアターとしては出来れば避けたいところです。
③HDMIケーブルは案外高価であること。10mクラスでは最低2万円以上。モンスターケーブルあたりでは4万円以上ですもん。しかも長尺になるとデジタルのくせに転送落ちの危険もあるらしい。
④HDMIは規格として発展途上であること。まだまだversion upの最中のようです。映像系はうちの環境ではコンポーネントでまだまだいけるか?

新生代規格であるHD-DVDやBrue-Rayが軌道に乗るまでは、現状のまま静観するのが賢明でしょうか。

というわけで、昨日RYOさん家に返却に伺いました。丁度tanbarinさん達と入れ替わりになったそうで、お会いできず残念。3度目の訪問でさすがに見慣れてきた感もあるウルトラハイエンダーシステムですが、今回は映像系をちらっと見せてもらいました。8インチ管で見るハイビジョン。常にこのレベル以上の映像が出てくるならホント、三管万歳、最近の新製品の出番は少ないかもしれませんが、三管には泣く子もだまる、“調整”が必要です。しかし男子たるもの、まるでガレージで愛車の整備をするがごとく、機器調整を自分で行うことには浪漫を感じます。

今回RYOさんにはなんでか三管プロジェクターの調整風景を垣間見せてもらいました。うーんやっぱりこれは素人には無理。今までイメージだけでしたが、この膨大な作業をマニュアル見ながらちくちくとやっていくのは脳がやられてしまいそうです。でもめったにないもん見せてもらいました。RYOさんありがとう。

昨夜はwowow「エターナルサンシャイン」を途中まで鑑賞。
f0098083_753213.jpg

時々はっとする好画質場面がある一方で、暗部でざわざわしたノイズが盛大にのってしまうシーンが多発していました。これってDLP特有なのかな?
by jiro307 | 2006-08-21 07:54 | 映像系 | Comments(4)

Z3000の騒音

うるさい うるさいと ネット上でも評判のZ3000ですが、
ここまで使用しての感想としては、やっぱりちょっとウルサイです。

静音設計を謳い、30dBであった11HTに比べて、一回りうるさく感じます。
特にランプを“明るさ優先”にしてしまうと、この真夏の気温も手伝って(エアコンも使っていますが)もはや騒音状態です。

まあ“明るさ優先”は店頭デモモードに近いもので、実際の使用は“エコ+静音”が主体となるのでそこそこの音量で見ているうちは全然気になりません。(怒られて)音量を絞ったときや静かなシーンになった時にちょっと気になるなー という感じですね。

さてもZ3000は絶好調です。11HTが物置で泣いています・・・

f0098083_22152049.jpg

昨夜は能登の友人が直送してくれた大ぶりの天然岩牡蠣が13個。どんどん高松の花火を見ながら職場の同僚たちとありがたくいただきました。生食いが最高に美味い。
by jiro307 | 2006-08-14 22:20 | 映像系 | Comments(0)

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 wowow

先日の“26時間スターウォーズデー”。元々ヘビーなファンではないこともあり、まだ未見のエピソード3のみエアチェックしていました(他はHDDの容量不足で断念)。

巷の評判は格別芳しいものではなかったよなー と思いながら昨夜鑑賞。
f0098083_19222769.jpg

いやはや見とれるばかりの超高画質。その基盤であるCGにいたっては、もやは見るほうの脳が追いつかないほどの情報量です(ここまでやるのもどうかと思いますが)。

さて、本編中最もZ3000の優秀さを実感できたのがC3PO。
f0098083_19275792.jpg

このぬらぬらした金属の質感がなんともいえません。買い換えて良かった。

肝心のストーリーですが、アナキンがダークサイドに落ちていくところは若干の強引さを感じますが、オビワンとの対決からダースベイダーのマスクをかぶるまでのくだりは実に切なく、胸にぐっとくる展開でした。新3部作の中では文句なしに最もインパクトのある作品だと思います。大満足でした。
f0098083_19363726.jpg

旧3部作も再見しなくちゃね。
by jiro307 | 2006-08-09 19:41 | 映像系 | Comments(0)

ポーラーエキスプレス wowow

いやいや 各所でその高画質が話題のハイビジョン「ポーラー・エキスプレス」
ほんまにすさまじい高画質。ぶっとびです。
f0098083_21483117.jpg

オープニングあたりではここまでやるなら実写でいいじゃん、と思っていましたが、途中からのファンタジーかつジェットコースターな展開を見るにつけ、ああこれはこれでいいのだ と大いに納得しました。あまり期待していなかったせいか、予想外の良質な内容に感心しました。トムハンクスはCGになっても相変わらず役者ですね。

嫁さんも久しぶりにとなりにちょこんと座っていっしょに観賞。
by jiro307 | 2006-08-08 21:53 | 映像系 | Comments(0)

東京遠征 その4

新宿に来たからには一度行きたかったのが、「グランドアバック新宿店」。
新宿ヒルトンの地下にあるというそのお店を探して歩く途中で、耳に覚えのある音楽が・・・これはバリのガムラン音楽・・・アキラ?
f0098083_13434395.jpg

なんと紛れもない芸能山城組ではないですか。三井ビル55広場で、「ケチャまつり」が開催されていたのでした。今年で31回目とのことですが、人も歩けばイベントに当たる。さすが東京やなー

f0098083_14101187.jpg

しばしアキラの世界に浸ってから、目当てのグランドアバックへ。今日は夏休みにもかかわらずイベントがないせいか人影もまばら。おかげで自由にゆっくり鑑賞できました。ここはプロジェクターの常設された2つのシアタールームが常設されています。一つはサウンドスクリーンでプチ映画館仕様、もう一つは複数の機材がセッティングされたメカニカルルーム。前者はどちらかというと部屋を見せている感じで実際の音と映像はまあまあといったところ。

後者の部屋が目玉となりました。
f0098083_1416196.jpg

フルHDプロジェクターであるビクターのHD12KとソニーのVW100がスタックされています。こちらのお部屋では店員さんが付きっ切りで親切にガイドしてくれました。待望の両者見比べです。
f0098083_14163891.jpg

スクリーンは羨望の150インチ。両者ともハイビジョン画像はこのサイズでも破綻なく、さすがの一言。しかし切り替えながら見てみると、HD12Kの方が明らかにパワフルでワンランク上と感じさせます。やはりビクター機のライバルは、Quolia 004なんでしょうね。
また、デノンのA1XVAによる1080pには心底驚かされました。先日体験した750pをさらに何倍も上回る解像感。まさにハイビジョンに肉薄でした。廉価版の3930も1080pを搭載していますが、店員さんによると120インチを超えるサイズでは明らかにA1XVAが優位であるとのことです。
f0098083_15134564.jpg

最後にオーディオルームへ場所を移し、ちょろっと聴かせてもらいました。
ウィルソンオーディオのシステム7にジェフのアンプ、ケーブルはトランスペアレント。出てきたのは、さすがにRYOさん家の音とよく似た音でした。

後はお土産を購入し、高松へ。有意義な遠征でございました。
by jiro307 | 2006-08-06 15:17 | 映像系 | Comments(2)

東京遠征 その3

夜のお宿は、見学を兼ねて妹夫婦の新築マンションです。

うーむ。外観からしてうちの田舎マンションとは一味違います。ベランダの戸境壁の厚さが1m以上あり、プライバシーが十分保たれています。うちは薄い板一枚。この厚みがもたらす重厚
なデザインはまだ高松近辺では見たことがありません。

フローリングも板の質が何か違うぞ。窓であるアルミサッシも背が高くてひたすらごつい。トイレはタンクレスで、お風呂も一回り広い。

うちが勝っているのはちょっとだけ専有面積が広いことと、田舎ゆえのお買い得価格でしょうか。
間取りやキッチンには意外と共通点が認められました。

周囲にはこんなお店も。
f0098083_22285766.jpg

ナチュラルローソン。自然食品が中心なのかな?

さて、翌朝早めに起きて、妹にガイドを依頼しいよいよ新宿への物見遊山です。
まずは、テレビで“視聴者の選ぶ回転寿司日本一”に輝いたという「北澤倶楽部」へ。
f0098083_22391995.jpg

安いのは一皿90円、高いのは1貫でなんと1400円です。この日の最高ネタは北海道直送牡丹海老。一つだけ頼みましたが、妹の胃袋に納まったため味のほどは不明です(妹によるとめちゃくちゃ美味しかったらしいです)。
んで、お昼からビール生中を3杯も行ってしまい、かつ食べる食べる。二人で1万円の回転寿司とはこれいかに。

さて、お腹もふくれたところで(ふくれてばかりですが)今回の目玉、新宿に新店舗を構えたあのお店へ・・・しつこく続く。
by jiro307 | 2006-08-02 22:43 | 映像系 | Comments(0)

東京遠征 その2

夕御飯にと妹だんなとも合流し、3人で夫婦宅に近い中野区の中華料理屋へ。

f0098083_0193612.jpg

源烹輪(げんぽうりん)。
「胡同四合坊」で修行したシェフによる四川料理のお店らしいです。

f0098083_0212221.jpg

ぴんぼけですが韮饅頭です。韮饅頭の概念を打ち崩す外はパリッ、中はぷりぷりという二段攻撃に先制パンチを食らいました。

f0098083_0234356.jpg

私の定番、麻婆豆腐。丸々入った赤唐辛子といい、肉と豆腐のバランスといい、これは正直高松のどのお店よりも美味しい!

f0098083_0253354.jpg

フカヒレ丼。フカヒレは少量ながら、旨みが深いです。値段は1200円。

f0098083_0265162.jpg

これもスープはとろっ、皮がぷりっの海老ワンタン。すごいボリュームです。

f0098083_0282380.jpg

もう喰えれんーといいつつ、全員杏仁豆腐で締め。
他にも1~2品、ビールも飲んで飲んで3人で約10000円。コストパフォーマンス抜群です。

中心地から少し外れてもこのハイレベル。東京恐るべし。住みたい・・・
張り出したおなかを揺すりながら今夜のお宿である妹夫婦宅へ向かいました。

続く。
by jiro307 | 2006-08-01 00:33 | マイライフ | Comments(0)

8歳になりました。


by jiro307
プロフィールを見る
画像一覧