ブログトップ | ログイン

次郎物語

レミゼと私

朝晩と大分冷え込むようになりました。冬はもうすぐそこでうすね。
紅葉も色づいてきました。

昨日の高松中央公園。
f0098083_22182994.jpg


そして、今日はボジョレーヌーボーの解禁日。ネットでお取り寄せした評判の良さそうな3本。
f0098083_22191443.jpg
ラベルが賑やかな、一番左のものを飲みました。ボジョレーらしくない重厚な味わいで、なかなか美味しい。

知人から頂いたペットボトルのものも、比較用に丁度良かろう、と一緒に飲みました(失礼!)。
f0098083_22193031.jpg
ところがところが。
これが、いかにもボジョレー。軽やかで飲みやすく、十分な旨味もあって予想以上に美味しい、という展開。
いやはや、ペットボトル侮れず、でした。



さて、冬が来る前に、この夏のレミゼの観劇をまとめなければ。

そもそも、レミゼなんて子供の時にそんな児童文学もあったなあというレベルの記憶しかありませんでしたが、
丁度5年前。松山でRYOさん、Katyanさんと映画を見たときのこと。ホビットの上映前の予告編で、映画版「レミゼラブル」を目にしたのが最初です。Katyanさんが、「あ、これ、見たい」とつぶやいたのがずっと心に引っかかってました。

そして、4年前のオーディオルーム完成時にこけら落としに使用したソフトの一枚が、映画「レミゼラブル」のブルーレイでした。そう、映画版ですでに大いに心が揺れ動いていたのです。その後、「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート」でさらにその振幅は大きくなり、何の巡り合わせか、Yさんの手引きもあってミュージカルの世界に入り込み、必然的にミュージカルの金字塔、「レミゼラブル」にたどり着いたのでした。
# by jiro307 | 2017-11-16 23:07 | マイライフ | Comments(2)

Michelさん来訪

先週末、久しぶりにお客様をお迎えしました。愛媛は新居浜のオーディオファイル、Michelさんです。
RYO師匠やエクスクルーシブさんのブログ等でお名前は存じ上げており、マイミクでもありますが、実際にお会いするのは初めてです。

さて、挨拶もそこそこにオーディオルームへご案内
部屋についての質問をいくつか受けたのち、室内を見回すMichelさんの興味は有機ELへ。
という訳で急遽 OLED視聴からのスタートとなりました。湾曲画面に これはいいですね!と言って頂き、ちょっと嬉しい。amazon prime や YouTube からザッピングしながら4K/2K映像を見て頂きました。

そこでハンドルネームのお話に。Michelさんの由来はミッシェル・ポルナレフから来ているとのこと。聞いたことがあるような、ないような、と思ってOLEDでリモコンに向かって音声検索(これがTVで出来るのはとても便利)。「愛の休日」がYouTubeで再生されると、ああ、あの曲か!と遠い記憶が蘇りました。昔々(1979年のようです)、なんと松山にも来たことがあるそうですが、残念ながらその時は参加できなくて今でもそのことを強く後悔しているそうです。

そのままどんどん話が盛り上がり、下手するとこのまま有機ELでオフ会終了の危険を感じ、半ば強制的にオーディオへの移行を促します。

f0098083_745995.jpg

オーディオサイト、マランツCD15→UNK-DACの上流機器で、JENNIFER WARNES、Jheena Lodwick、Grace Mahya といった女性ボーカルものでスタート。ボーカルの奥行感がいいですね、とのお言葉を頂きました。

その後はMichelさんの持込みCDの再生。
f0098083_7452944.jpg


f0098083_7454883.jpg

「赤い鳥」について自分は知らなかったため、色々教えてもらいました。財津和夫やオフコースとの絡み、その後分裂してハイファイセットが生まれたお話。後で調べてみると、なんと誰もが知る「翼をください」を世に送り出したグループでした~!

その後はコントラバスマリンバやTutti!といった低域再生ソフトが登場。そしてオーディオ談義となりました。
Michelさんは超重量級のJBLのエベレストDD55000に始まり、その後KinyaさんからPMCを譲り受け、しばらくLINNとも格闘されたそうですが、現在は新たなハイエンドSPを入手。1年がかりでリペアを行い、最近やっとオーディオルームのある2階に搬入したそうです。オーディオはスピーカー(と部屋)で決まる!との持論があるそうで、それにまつわるエピソードもたくさん聞かせて頂きました。とにかく弾けたお話が盛りだくさんで、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

そんなこんなで2時間強のオフ会はあっというまにタイムアップ。今回シアターサイトはなしで終了となりました。

Michelさん、遠路はるばるお越し頂きありがとうございました。今度はMichelさんの新SP、聴かせてください。
# by jiro307 | 2017-11-14 20:13 | オーディオoff会 | Comments(6)

角川映画主題歌集~デラックス

ちょっと前にNHKのBSで「犬神家の一族」をやっていました。池からニョキッと突き出した二本足とか、白い不気味なマスクとかの絵は頭に受かぶけれど、実は、一度も見たことがありませんでした。
かつての超話題作とはいえ、1976年公開の作品。今の感性で観賞に耐えるだろうか、などと思いながら見てみると、これが掛け値なしに面白い。いや、御見それしました。

不勉強でしたが、これ、角川映画の記念すべき一作目だったのですね。約40年前の作品となると、出演者のその後の人生も様々で、その辺りを探っていくだけでもとても興味深いものがありました。

また、録画してディスクに焼いて、プロジェクターで見る(今回はクオリアで100インチ鑑賞)という作業でしたが、みるとamazon primeで普通に見れた模様。いやはや、時代は配信ですね。

そんなこんなで今週の図書館オーディオ。ほとんどパッと見で借りた秀逸なジャズの当たり盤4枚。
f0098083_21573275.jpg


と、角川映画のサウンドトラックでした。
f0098083_21581133.jpg

それにしても、amazonのレビューが、「ブックレットが糞」とか「限定の言葉に釣られて定価で買って泣き」とか悲喜こもごもで面白い。

実際に聴くと、パブロフの犬状態で5秒で心を持って行かれます。角川映画、万歳!
# by jiro307 | 2017-11-10 22:07 | オーディオ | Comments(0)

ONKYO FR-X7A修理

住居においてあるCD/MDコンポのONKYO FR-X7A。いつの間にか飲み込んだCDを排出できなくなっていました。CDは再生出来るし、その他の動作も問題なく、ただCDの出し入れが出来ない状態。

購入時期を調べると、もう14年も前のものです。

使用頻度も激減しており、廃棄か!と思っていましたが、ちょっと調べてみるとこれはCDトレイのローディングベルトの劣化が原因で、パーツを取り寄せでの自己修理可能報告がネットに複数揚がっています。

迫りくる台風のため自宅待機状態の週末に挑戦してみました。

f0098083_7311677.jpg

写真つきで分解手順を示してあるホームページを参考に、どんどん進めていきます。
f0098083_7373181.jpg

型番違いのためか参考にしたページとパーツ構成が異なっていて、途中戸惑いましたが何とかCD部まで到達。
f0098083_7383350.jpg

長らく飲み込まれていたCD。子供のですが、無事救出に成功しました。
f0098083_744281.jpg

問題のローディングベルトに到達。
f0098083_7452594.jpg

取り寄せた新品のローディングベルト。送料込330円。
f0098083_746187.jpg

新旧比較。右の古いほうは、確かに少し伸びている?
f0098083_747323.jpg

重ねてみるとちょっとの差です。
f0098083_747282.jpg

交換完了。
f0098083_7475591.jpg


これで組み立て直すと、果たしてトレイは動くものの引っかかって途中で止まる。もう一回ばらして、スタンパーの組み付けを少しゆるくしたら解決。スムーズにトレイの出し入れが出来るようになりました。

しかし、CD入れてみたらCDを認識しない。うーん。レンズもアルコールで清掃したんですけど・・・
ゴムベルトが伸びるころには大体CDピックアップも寿命だそうで、ピックアップの問題でしょうか。
分解前にCD再生の確認をしなかったので(最後の確認は数か月前)、修理工程に原因がある可能性も。

ピックアップの交換レポートもネットには上がっていますが、もう一段階深いところの作業になるようです。

今回のまとめ
・作業時間は1時間半程度。
・収穫は、飲み込まれていたCDが救出できたことと、CD内部のメカニズムを直接確認出来たこと。
・分解修理は、なかなか楽しい。
・ちゃんと直せたら、凄く楽しいことだろう(もう1ラウンドやるかどうかは不透明ですが)
# by jiro307 | 2017-10-31 08:07 | オーディオ | Comments(0)

掟上今日子の備忘録 Blu-ray BOX

TVドラマはたまに嵌まることがあるものの、普段はあまり縁がない。
朝ドラも、ハッピーエンディングだった「ひよっこ」ロスで、次の「わろてんか」には進めないまま。

そんな中、Yさんの強いお勧めで購入した「掟上今日子の備忘録 Blu-ray BOX」
f0098083_2217216.jpg

2か月弱かけて、本日鑑賞終了しました。

中盤までは有機ELで、終盤は勢い余ってスクリーンへ。

いやあ、素晴らしい出来でした。丁寧に作りこまれているファンタジー的ラブコメディ。人生の教科書も端々に織り込まれている。こういうの、好きだなあ。
新垣結衣さんは、コメディ仕立てのドラマの方が断然似合いますね。

ハッピーエンドでもあり、アンハッピーエンドとも言える終わり方、最高でした。
f0098083_22183995.jpg

Yさんに一本取られたなあ・・・いや、素直に感謝いたします。
# by jiro307 | 2017-10-19 22:25 | 映像系 | Comments(3)

全録サーバーDBR-M190故障

2週間ほど前に、全録ビデオサーバーとして大変重宝している東芝DBR-M190からギギギっと異音が。
20秒ほどで異音は収まったのですが、その1-2日後から「ファンが故障しました」のメッセージとともに電源が自動で落ちるようになり、全く使えなくなりました。

調べてみると、有名な不具合のようです。このレグザサーバーには3つのファンがあり、分解して自分で治している強者もいるようですが難易度は高めのようです。画面内に2か所、ファン故障のテロップが出たのでファンが2つ駄目になったのでしょうか。

慌てて購入履歴を調べると、5年保証をつけてネットの通販店から購入したのが4年8か月前。
際どくセーフです、危ない、危ない。

ネット通販で付けた延長保証を実際に使うのは今回が初めてになります。まずはPC内のメールホルダを遡り、購入時のメールで保証番号と連絡先を確認。月曜日に保証会社に電話連絡。丁寧な対応で、数時間後に東芝のサービスから連絡あり。翌日火曜日に引き取りに来てくれて、水曜日には修理完了の連絡あり。ファンの故障が2か所で確認され、うち一つはびっしり溜まったほこりで動かなくなっていたそうです。ほこりを除去、クリーニングの上2か所ともファンを交換しましたとのことでした。いつ戻ってくるか問うと、今日でもいいですよとのお返事でその日のうちに無事帰還となりました。送料は自己負担のケースもあるようでしたが今回は修理費含め保証範囲内で無料、ネットの情報では有償だと13000円ほどの修理費になるようです。

f0098083_17224351.jpg

めでたく全録のある便利な生活が戻ってきました。
かつ、ネット通販の延長保証が何の掻痒もなく使えることも分かりました。

ますます実店舗から購入する機会が減ってしまいそうです。
# by jiro307 | 2017-10-15 17:29 | 映像系 | Comments(0)

モモンガ邸にて「さよならの言葉」

光陰矢のごとし・・・ もうウンか月前になっちゃいましたが、大西順子ライブの1週間後のこと。

第三期工事を終えたモモンガ邸をYさんと訪問してきました。今回のモモンガ邸工事の肝は、側面パネルのエコカラットのさらなる面積拡大。数値にすると合計9㎡とのことですが、視聴位置のほぼ横までエコカラットが及んだことで響きが二回り程豊かになった印象でした。音楽が楽しいと感じさせる変化で、オーディオルームとして正常進化だと思いました。逆にここからの引き算の調整が腕の見せ所なのかもしれません。

と、オーディオオフ会的な要素もありましたが、Yさんがいる以上音楽ファンミーティングになるのは必然の流れ。ミッシェル・カミロに始まり、スピークローに来た大物ピアニストの話、大地真央と鳳蘭を経て、jiroが現在の八神純子を絶賛した話におよび、全盛期の八神純子はあんなもんじゃないよ!それはもう凄かった!という話になり、ついでに八神純子は1曲目と2曲目が良かったんだよ!と。調べるとそれぞれ「思い出は美しすぎて」と「さよならの言葉」という曲なのですが、「さよならの言葉」に至っては、小野佳代子さんというプロデビューもしていない歌手の歌ということで、そこからポプコン(jiroは全く知りません)へ話は飛び、NSPは良かったとか(これまたさっぱり分かりません)、音楽話に花が咲きました。ちなみに、数時間後Yさんから速攻で連絡が入り、八神純子は「思い出は美しすぎて」の前にプロデビュー前のものが2曲もあった、知らなかった、恥ずかしい!みたいな勢いでした。その音楽熱に感服です。

そんなこんなで、買ったCDはこれ。
f0098083_2126144.jpg

Yさんの愛聴盤ということで、13曲目に小野佳代子さんの「さよならの言葉」が収録されています。
これが本当にいい曲で、びっくりしてしまいました。

というわけで、実り豊かな2時間強のミーティングとなりました。
モモンガさん、Yさん、ありがとうございました。
# by jiro307 | 2017-10-13 21:48 | オーディオ | Comments(2)

4K仕切り直し

HDMIケーブルの規格問題で4Kプレーヤー→プロジェクターが映らない件。
既に2か月前にケーブルは調達済み。ネットの声を頼りに選んだのはこちら。4K60p 4.4.4 HDR 18Gbps HDMI ver2.0対応の10mものです。

CD管の中の長尺ケーブル入れ換えなので、自分一人でやるのはきっと困難、機を見てオーディオルーム建築の工務店担当者に依頼しようと思っていたら取り掛かりが随分遅くなってしまいました。

当初は電気屋を連れて来ますとの話でしたが、結局工務店の担当者が若手を連れて登場。
どうやるのかと思っていたら、想像通りぶっといワイヤーにHDMIケーブルをガムテープで括り付けます。

f0098083_7422484.jpg

そして上担当と下担当で押したり引いたりの荒っぽい力作業。

f0098083_743425.jpg

全部の工程は見れませんでしたが、結構苦戦したようで、何とか入れ換え完了しました、と終了報告。
これは一人で何とかしようなんて思わなくて大正解。

果たしてUBP-X800をVW1100ESに接続してみると、無事UHD-BDの投射に成功。
f0098083_7553449.jpg
と思いきや、色がおかしい。

色々設定を見直し、24Pを自動選択を60P固定にしたところ、正常な色になりました。
f0098083_7571390.jpg
果て、なんでだるう。この辺はもう少し勉強が必要ですね。

ついでに久しぶりにフォーカス調整や、映像設定を見直し。

f0098083_7574096.jpg

映画は2Kのアップコンで十分、と思っていましたが、実際映してみると、明らかに違う4Kのフォーカス感に驚きました。

丁度この日、UBP-X800のキャンペーンで締切4時間前に気付いて申込みしていたUHD-BD“パッセンジャー”が到着。投射してみてびっくり。驚愕の高画質でした。17;9アスペクトの当館スクリーンではシネスコ作品は額縁投射になってしまうハンデがあるのですが、それをものともしない美しい映像。

ちょい見のつもりが映画そのものも予想外の傑作で、最後まで一気に鑑賞してしまいました。UBP-X800、同軸デジタル出力の音はちょっと重厚感に欠けるものの、Youtubeやアマゾンプライムの4Kもサクサク見れて、とても便利で快適です。

とにかく、これまで自分には不要!と切り捨てていたUHD-BDに対する認識が大きく変わったのでした。
# by jiro307 | 2017-10-09 08:13 | 映像系 | Comments(0)

あさひなぐ @TOHOシネマズ岡南

週末に、娘たちにせがまれて3人で観て来ました。アナ雪以来?久しぶりのTOHOシネマズ岡南。
ちょっと小さな4番スクリーンです。

定員は100人ちょっとのところ、客入りは2,3割。
封切り3日目、かつ日曜日としては、やや寂しい入りです。

スクリーンサイズは3.3×7.9mで、10ある当館スクリーンの下から3番目という小ささ。
とはいえ計算してみると337インチ相当。家庭用とは一線を画す、映画館ならではのサイズではあります。

この4番スクリーンの音響は普通にデジタル5.1chですが、おっ、と思ったのは出入り口に使用されているSPが表記されていたこと。全てJBLのようでした。

予約して、ほぼ中央の席で鑑賞。自分だけなら、もう3列程前で観たいと思う位置です。
f0098083_1454423.jpg


以下感想。

映像:シネスコでの上映なのですが、スクリーンのアスペクトが変わらない。上下に非投射領域がそのまま帯として残っているのは、やはり興ざめ。これは映画館らしくないなあ。

音響:アクション映画ではないのでセリフが重要ですが、すべての音にある種のとげとげしさを感じました。オーディオ的に評価するなら、情報量不足とでも言いたいところですが、SPのせいなのかな?

作品:マンガ原作映画なので、原作ファンならマル。ファンムービーなので、出演者のファンならマル。どちらでもない映画ファンとして見ると、不自然なシーン、理解しづらいシーンも散見されてちょっと厳しい評価になるでしょうね。

丁度、キンドルで原作の1巻から3巻まで期間限定で無料となっているので、読んでみましょう。

f0098083_14513246.jpg

それにしても、120分の映画がちゃんと鑑賞できる年齢になったんだなあ、とちょっと感慨にふけってしまいました。
# by jiro307 | 2017-09-28 14:59 | マイライフ | Comments(0)

大西順子トリオ 6.13@高松SPEAK LOW

6月のライブの振り返りです。SPEAK LOWで大西順子さんのライブがありました。
7時開場、7時半開始とのことで、開場時間に合わせて現場に赴くと・・・

すでにお店の前に長蛇の列が!
f0098083_1761714.jpg

完全に油断してました。
f0098083_1763712.jpg

店内に入ると・・・
f0098083_177689.jpg

開場1時間前から並んでいたというYさんが、最前列の席を取ってくれていました。
申し訳ありません!今度は自分が並びます!

というわけで、この距離で“世界の大西順子”さんが演奏する姿を見れることになりました。
f0098083_1792527.jpg

後ろから声が掛かったので振り返ると、モモンガさん夫妻と教授さんが。
その他にも音楽好きの知り合いがチラホラ見受けられました。

今回の大西順子トリオ。ベースに 粟谷巧さん(31歳)、ドラムに山田玲さん(25歳)という新進気鋭の若手ミュージシャン2人を従えた構成。ライブが始まると、大西順子さん特有の疾走感のあるダークなジャズ。個人的ハイライトは、前半最後の「Manteca」でした。また、嬉しいことに最前列ゆえPA機器の存在感を全く感じさせない、ほとんど生音の状態で堪能することができました。

まだトリオを組んで日も浅い3人組、大西さんにはあたかも音楽の指導教官といった風情も漂っていて、総じてやや肩の力の抜けた、リラックス感のあるライブでした。

最後にCDにトリオでサインを頂き、記念撮影にも応じて頂きました。
f0098083_743434.jpg

f0098083_10464415.jpg

若きミュージシャンに、幸あれ!
# by jiro307 | 2017-08-31 12:33 | ライブ | Comments(0)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30