ブログトップ | ログイン

次郎物語

2017年 07月 30日 ( 1 )

君の名は。 (Ultra HD Blu-ray)

Ultra HD Blu-ray についてはずっと後ろ向きで来ましたが、OLEDを手に入れてしまったこともあり、ちょっと関心の持ち方に変化が生じていました。

そして、「シン・ゴジラ」がとてもツボだったことから、その年を代表するくらいの話題作を侮ってはならない、と認識を改め、ここがそのタイミングかな、と「君の名は。」のUHD-BDを発注。映画館では未鑑賞ですが、新海監督の作品はとにかく緻密で綺麗な絵に定評があるのは皆が知るところですし(内容はともかく)。

しかし、実はこの時点でUHD-BDプレーヤーは持っておらず。BDを見ながらプレーヤーはのんびり考えればいいかと思っていたところ、偶々立ち寄ったいつもの家電量販店で、いつもの販売員さんとお話ししているうちに、SONY UBP-X800の強烈売り込みが。結局、販売員さんの熱意に負けてしまいました。

手頃な価格、かつSONYということで待っていた人が多かったのか、ずっと入庫待ちの状態でしたが、丁度「君の名は。」発売日に販売店から到着の一報があり、仕事帰りにいそいそと回収してきました。
f0098083_1611276.jpg

実家に行くとソフトも到着。
f0098083_16111836.jpg

開梱すると、ブックレットやぶっとい縮刷版台本がついてます。
f0098083_16114785.jpg

本編ディスク+特典ディスク3枚+Ultra HD Blu-ray本編ディスクの5枚組。
f0098083_16144883.jpg

目当てのUltra HD Blu-rayディスク。盤面の色も普通で、ロゴの印刷がないと外観では判別不能です。
f0098083_16154949.jpg


まずはBDで、BDP-S5000ES→VPL-VW1100ES→スクリーンでの鑑賞。
画は十分綺麗で自然な絵です。音声も必要十分なクオリティ。
中身については、平成生まれ向けかな?シン・ゴジラのような衝撃は感じませんでした。
ただ、なんで最後にお父さんを説得できたのかが腑に落ちず、ネットで調べてみると、結構練りこまれた深いシナリオであることが判明(普通に見たんじゃ絶対分からないと思いますが)。繰り返し鑑賞する意義はありそうです。

で、次にUBP-X800→OLEDでUltra HD Blu-rayを鑑賞。
f0098083_16213458.jpg

うちのOELDはHDMIはHDR非対応ですが、それでも彗星のまばゆさのみならず、コントラスト感は別物に感じます。
f0098083_16225372.jpg

くっきり・はっきりで、まるで別の絵を見ているみたい。
f0098083_16231978.jpg


あとは、UBP-X800→VPL-VW1100ESの4K再生を試さなくっちゃ、です。
by jiro307 | 2017-07-30 16:45 | 映像系 | Comments(7)

9歳になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31