ブログトップ | ログイン

次郎物語

ローストビーフ@6.11大阪城ホール

6月まで遡ってのお話ですが、大阪へ。

まずは、一人で梅田芸術劇場へ。申し込みしていた9月のミュージカルのチケット受け取りです。受け取りのために必ず当劇場へ赴かなければならないシステムはちょっと大変。しかも実際の会場はフェスティバルホールだし。
f0098083_729832.jpg


劇場は開場前のため閑散としていましたが、窓口でチケットの受け渡しが出来ます。先客は着物の女性。
f0098083_7343876.jpg

3日連続で申し込んで、当選したのが平日のみと厳しい結果でしたが、受け取って判明した席はセンターブロックの6列目。さすが良席、と思っていたら、受付のお姉さんから「あら、最前列ですね!」とのお言葉。そういえばオーケストラピットが入る関係で、6列目が最前列という仕組みなのでした。ラッキー♡

その後、昼食のため友人たちと合流。ローストビーフを食べよう、と友人が予約しておいてくれた「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 大阪」へ。大阪駅から徒歩圏内、大阪四季劇場を横目に見ながら、お店に到着。

天井が高く、店内の雰囲気はとても豪華。
切り分けるお肉の量によって変わるコースを選択して、サラダとデザートのビュッフェがついてくるスタイル。
一番手軽なランチカット65gでは物足りないかもだけど、オーサカカット140gなら十分だろ、と思っていたら友人がそんなんじゃいかん、と煽るものだからイングリッシュカット195gへ。この後があるから、アルコールは軽めに、と思っていたらこれまた友人が煽って飲み放題に突入。

サラダビュッフェという名の付け合せ取り放題が品数、質ともに素晴らしい。
(美しく盛りつけられず、申し訳ありません)
f0098083_7454099.jpg

そうこうしていると、外人さんがワゴンにお肉を乗せて登場。
f0098083_7445237.jpg

お肉を直接切り分けるサービス。これは演出効果◎。
f0098083_7471345.jpg

お肉そのものはさすがに抜群という訳にはいかず、これなら1枚(65g)でも良かったかも。
その後、飲み放題の解釈を巡って友人が可愛いけど気の強いウエイトレスさんとバトルして敗北w。でも、総合的に満足度の高いランチでした。

その後、本日のメイン、大阪城ホールへ。
f0098083_7511138.jpg

場外のグッズ売り場に長蛇の列。
f0098083_7514047.jpg

そうです、新日本プロレスが送る、半期に一度のビッグマッチなのでした。
f0098083_7535885.jpg

会場内は怪しいマスクをつけたプ女子がウロウロ。今回も超満員札止めです。
f0098083_75259100.jpg

メインはオカダvsケニー、まさかのフルタイムドローの大熱戦。
f0098083_7522128.jpg

カネの雨、降りました!
Commented by Michel at 2017-08-24 09:29 x
顔半分のウエイトレスさん、気になります。
Commented by jiro307 at 2017-08-25 11:34
まさに、バトルした担当ウエイトレスさんです。上手い具合に顔が半分切れて写りましたw
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2017-08-22 08:03 | | Comments(2)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30