ブログトップ | ログイン

次郎物語

奇跡のカンパネラ

図書館でお借りしたアリス紗良オットの「リスト:超絶技巧練習曲」(この数か月、アリス紗良オットにプチ嵌り)。これ、よく考えると5年近く前に日東紡音響エンジニアリングを見学にいった時のデモディスクの一枚。改めて聴いてみると、やはり評判通り最後のラ・カンパネラがとても良い。その流れで色々検索すると、フジ子ヘミングの「奇跡のカンパネラ」はもっと良い、みたいな情報がヒット。2週後に図書館で同アルバムをお借りして聴いてみると、これがまた素晴らしく良くてびっくり。心に響く演奏というか、ピアノ曲でこんなに感動するとは思いませんでした。フジ子ヘミングについては、その数奇な半生がTVで取り上げられて有名になった、なんてことも知らず、な自分でした。お恥ずかしい。

で、早速程度の良い中古盤を購入(既に新品は手に入らず)。
f0098083_8331579.jpg

f0098083_8333029.jpg

良く見ると、図書館でお借りしたのは20bit K2 super coding, 買ったのはK2HD coding と多少仕様が違います。
f0098083_8341991.jpg

f0098083_8343551.jpg

盤面も白と黒。
f0098083_835476.jpg

実際聞き比べると、確かにK2HDの方が少し解像度が高いことが分かりました。でも聞き比べないと気付かない程度の差異だと思います。

さらに、勢い余って4月のコンサートのチケットまでゲットしてしまいました。そしてその後に情報集めして気付いたことは、世間の評価。演奏が独特、譜面通りに弾いていない、と邪道扱いする識者が多数。さらにコンサートに至っては、そもそも金を取れるレベルではない、CDでの感動を期待するととんだ肩すかし、等々酷評の嵐。うーん、参りました。まあ折角取ったチケットなので、コンサートへ行って、自分で聴いて判断するしかないですね。
Commented by Michel at 2017-03-20 09:48 x
オーディオにしろ、CDの評価にしろ、コンサートの評価にしろ、人の評価程当てにならない物はありません。自分が良いと思えたらそれが一番です。楽しんで来てください。

私も日東紡音響へ行った事があります。その時もアリス紗良オットの「ラ・カンパネラ」を聴かせてくれました。メチャ良かったです。
あれくらいのリスニングルームが欲しいものです。拙宅は10畳しかありません。涙・・・。
Commented by jiro307 at 2017-03-22 21:00
Michelさん、ありがとうございます。おっしゃる通りですね、真っ新な気持ちで楽しんできたいと思います。
日東紡、Michelさんも行かれたのですね。確かに素晴らしい施設でしたが、何億だったかな?まあ、いくらお金があっても足りませんね…
Commented by Michel at 2017-03-22 22:36 x
もしかしてご存知かもしれませんが、徳島に日東紡音と同じ仕様でさらに一回り大きなリスニングルームを造った方がいますよ。
Commented by jiro307 at 2017-03-23 00:05
存じております。専門誌にも取り上げられていましたし、実際に伺ったオーディオ仲間の話も聞きました。部屋作りにかかわったショップの担当者の話も聞く機会がありました。内装に使ったAGSの金額を聴いて、ひっくり返りましたよ(笑)。一度聴いてみたいですね。
Commented by Michel at 2017-03-23 19:04 x
流石よくご存知ですね。
私も一度訪問させて頂きましたが、気さくな方で快く迎え入れてくれましたよ。
是非一度訪問してみてください。
Commented by jiro307 at 2017-03-23 21:56
Michelさん、行かれたことがあるのですね。
私も機会があれば是非お伺いしたいです。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2017-03-18 08:39 | オーディオ | Comments(6)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30