It's so cool! モモンガ邸訪問

今週、随分久しぶりにモモンガ邸を訪問させて頂きました。
初めて訪れたのは5年前、最後の訪問は3,4年前でしょうか。

以前聴いた時との機材の違いは、主にDACの変更とクロックの導入です。
f0098083_13425667.jpg

f0098083_13431324.jpg


が、なんといっても今回最大の変更点は・・・
f0098083_13433957.jpg

讃岐の暴走機関車の異名を持つモモンガさん。この夏、ついに部屋のリフォームを敢行されたのでした。
縦長のお部屋の、端3分の1程を壁から床から大改造。正面と右側面の窓をつぶし、正面の壁には厚さ3cmの木化石(総重量数300kg以上?)、側壁はエコカラットのタイル、床もしっかり補強し、仕上げは無垢のチーク材。

とてもカッコいい空間です。そして、新しくなった床を踏みしめてみると、ズシンとしっかりした重厚感のある良い感触です。

再生プレーヤーは、修理から帰還したP-0s-VUKです。
f0098083_17313774.jpg

最初に掛かったのは、マーカスミラーのtutu。
f0098083_13443765.jpg


過去の音とは全く違う音になっていました。とってもクールな音です。
そしてハイスピードな低域。高域はやや刺激的です。

改装したスペースは幅3.5m, 高さ2.4m, 奥行2.6mくらいでしょうか。その新しくなったステージ全体に音場が満ちています。

また、床を補強した効果で、視聴位置での床鳴りは過去の記憶から3~5割減で、左程気にならないレベルになっていました。

その後も次々と曲がかかります。
f0098083_13465682.jpg

f0098083_13471496.jpg

f0098083_1347331.jpg

f0098083_13474543.jpg

f0098083_1348023.jpg

f0098083_13481899.jpg

f0098083_1348347.jpg

f0098083_13485821.jpg


高域が少し気になったのでその辺りを問うと、実はちょっとセッティングの変更をしていたとのこと。
元の設定に戻してもらうと、高域の刺激感はなくなり、耳触りが良くなりました。情報量が増えたのでしょうか。そしてその状態で手嶌葵をもう一度聴くと、視聴席まで包み込むような空気感、高域シャワーが広がり、これはもう素晴らしかったです。

途中、空間表現のことなど様々なオーディオネタについてディスカッション。
逸品館のレーザーセッターを用いたモモンガ流SPセッティングについても教えて頂きました。

最後に映像系。
f0098083_13565395.jpg

f0098083_135765.jpg

OSのサイドテンション付き120インチスクリーンで、幕面は何ですかと聞くと、さあ何だったっけ?との答えでやはりモモンガさんはオーディオの人だなあと思いました。
映像そのものも良かったです。この常識的な視聴距離なら 別に4Kを欲張らなくても良いように感じました。

残りスペースにも順次リフォームを行う意向だそうで、壁は音が硬くなり過ぎないように壁紙だけにしようか、など色々検討されていました。

夜8時から11時前までと比較的深夜の3時間弱、とても楽しいオフ会となりました。
立ち止まることを知らず、常にダイナミックな変化を模索しているモモンガさん、リフォームは今のところ大成功ですね。
夜分にどうもありがとうございました。
f0098083_146336.jpg

Commented by モモンガ at 2016-09-30 22:54 x
先日はお疲れ様でした。
おかげさまで大変楽しかったです。
美味しいケーキもいただき有り難うございました。
これに懲りず何時でも遠慮なくお寄りください。
来年1月もしくは2月には第二期工事をしたいと思っています。
(あくまでも予定ですが)
工事終了しましたら、また感想をお聞かせください。
よろしくお願いします。
Commented by jiro307 at 2016-10-01 07:29
モモンガさん、ありがとうございました。
第二期工事も楽しみですね。また是非寄らせてください。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2016-09-30 17:59 | オーディオ訪問記 | Comments(2)

8歳になりました。


by jiro307
プロフィールを見る
画像一覧