ブログトップ | ログイン

次郎物語

ONKYO D-200II Liverpool

1年ほど前に、高域フェチ倶楽部会長のAMIEさんから勧められて入手したのがONKYO D-200II です。

推薦の言葉は、すっきりと延びた清涼感のある高域が出ますよ、カーボンウーハーの低域はスッカスカですが、というものでした。
f0098083_2237261.jpg


オークションでしっかりした整備を謳ったものを購入しました。

最初の印象は、えらいシャリシャリの高域と、200ZA以上にスカスカな、無きに等しい低域。
ラジカセみたい?これはどうしたものか、と思いながら、ボリュームをぐいっと上げると良い方向へ豹変しました。低音量では音痩せが著しく、真価を発揮できないのかもしれません。

ところが、調子よくいつものデモディスクを聞き続けると、なぜかジャシンタの moon river の3分から5分のところで、ビビリ音のようなバリバリしたノイズが発生します。
テクニクスのプリメインでの駆動だったのですが、200ZAやステラメロディに付け替えて聴くと発生しません。

次に左右別に音だししてみましたが、左右ともノイズが出ます。
トーンコントロールでbass max, treble min, にしても出ますし、その逆でも出ます。
そして、その他の曲ではほとんど出ない・・・

その後、アンプをM-508に替えてもノイズが出現。
その状態でプレーヤーを替えたらさらに盛大に出ました。

本体のどこかが金属的な共振・共鳴を起こしているのか?
liverpoorのプレートが浮いているのかと思いましたがそうではありませんでした。
ツイーター、ウーハーともあちこち押さえながら確認しましたがノイズは収まりません。

どこか内部のパーツなのかな?と思いましたが、
いずれにせよこれでは駄目だわ、と残念ながら返品となったのでした。
Commented by Kuni at 2016-08-11 23:57 x
アラマ!かザンネン!ボタンがあれば押すのですがww

早目に結論を出して正解ですね。うちだと原因追及に気を取られて弄り回し返品不可能な状態にしてしまいそうですゞゞ
Commented by jiro307 at 2016-08-12 07:52
Kuniさん、故障・不具合シリーズが続いていますが、記事にはイイネ!を押して頂ければ励みになります(^^ゞ
私にはまだ内部を弄る甲斐性がありませんので今回は返品となりました。
まだ第2ラウンドがありますので、少々お待ちください。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2016-08-11 22:28 | オーディオ | Comments(2)

9歳になりました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31