ブログトップ | ログイン

次郎物語

オーディオルーム建築日誌 その12 内寸決定

部屋サイズは、当初 縦5.3m、横4.5m、高さ4m の提示となっていました。

こうすると、石井式の理想比 1 : 0.845 : 0.725 に対して、
 1 : 0.849 : 0.754 と非常に近い理想的な値が出ています。

しかし、私が縦横をもう少しなんとか! と要望を続けたところ、
建築士さんは 縦6.33m、横4.9mと 一回り大きな図面を作って来てくれました。

高さはどうなりますか? と問うと、理想比通りで、4.6mにしました! との回答。
もう4m以上いうたら、多少高くなろうと、やること一緒ですから! と実に気持ちの良いコメントを頂きました。

これで比率は、1 : 0.774 : 0.727 となりました。 横幅は理想値には40cmばかり足らないのですが、石井先生曰く、この理想比で大切なのは、縦寸に対する高さの比率! とのことですので問題なしです。

というか、縦も横も土地の関係でもうギリギリ一杯・・・ (^_^;)






f0098083_1315314.jpg
f0098083_1314333.jpg
f0098083_1313496.jpg
2013年6月22日時点。 高密度グラスウールが、これでもかと中に積み上げられていました。
Commented by tukachan at 2013-12-09 19:22 x
天井高4.6mとはすごいです!
バッチリ黄金比率で、いい音が出るんでしょうね。

うちは思いつきで勾配天井にしたら0.705になってしまいました(^^;;
Commented by Y at 2013-12-09 21:26 x
エアボリュームが大きくて、空調が大変そうですね。
天井を高くとれたのは、木造のおかげですね。うちは鉄骨なので、
その辺の自由度がもう一つでした。
Commented by jiro307 at 2013-12-09 23:56
このような数値への拘りは、実際にはほどほどで良いと思います。
でないと、広くなればなるほど求められる高さがとんでもないことに(笑)。
tukachanさんとこが良い比率であることは間違いなしです。
Commented by jiro307 at 2013-12-10 00:03
Yさん、そうですか木造のおかげでしたか。その辺りは結構無頓着(笑)。
空調の不利については、尋常でない量の断熱材が相殺してくれることを期待していますけど・・・
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2013-12-09 01:35 | オーディオルーム建築 | Comments(4)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30