ブログトップ | ログイン

次郎物語

オーディオルーム建築日誌 その11 Yさん邸訪問

完成したばかりのYさんの石井式オーディオルームを訪れたのは、今年の1月のこと。
ここは、母屋とは完全に離れた、オーディオハウスなのです。

f0098083_0443224.jpg
f0098083_044514.jpg
室内寸は、奥行5.5m 横幅4.6m 高さ4m。
丁度、6:5:4の部屋と5:4:3の部屋の中間のエアボリュームです。ある意味いいとこ取り?
正面上方の横棒こそは、将来電動スクリーンを設置するための梁なのでした。
この梁の高さが底面から床まで2.8m。



f0098083_0454246.jpg
窓は2面にありますが、ロールカーテンで覆われ、ツインでエアコンがついてます。
高い天井で不利な空調を補うように、床暖房も設置。



f0098083_0455972.jpg
視聴席の背後には、壁内設置された機材ラック、そしてその上には、四角い穴が空いています。



f0098083_047141.jpg
なんと、隣室からプロジェクターで投射するための穴だったのでした。
これで、大画面投射のための引きが取れます。

機材にも背面からアプローチでき、配線が超楽チンです。
この隣室も同様に天井が高く、奥行も1.5mほどあり、とてもビッグな収納スペースとなっています。



f0098083_0475568.jpg
豊富な収納力を持つソフト棚も設置されています。



f0098083_053139.jpg
スピーカーは定番の B&W 802D。



f0098083_0533791.jpg
やはり、床はその堅さに定評がある花梨。 
ちなみに、石井氏が手掛けた石井式の部屋の8割が花梨の床だそうです。
突板で仕上げた壁面も美しく、素晴らしいオーディオルームになっていました。


まだ機材は置いたのみという状態で、音については未調整、粗削りでしたが、とても立体感のある音が出ています。
シアター環境を重視した工夫も、大変参考になったのでした。
Commented by Y at 2013-11-30 09:17 x
この頃は、部屋が良くなれば機材なんかポンと置いただけで、そこそこいい音で鳴るんでしょ?と思っていました。今にして思えば、この部屋が出来て初めて、オーディオという熱いお風呂に足先をほんの少しいれて、『熱っ!』とわかった感じです。今もお風呂に入れずにいる感じ。
なかなか満足のいく音は出ません。
Commented by jiro307 at 2013-11-30 12:45
私もその頃は同様に思っていました。^_^;
ここからがスタートですね。
名前
URL
削除用パスワード
by jiro307 | 2013-11-26 17:00 | オーディオルーム建築 | Comments(2)

9歳になりました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31